« 菜園作業を見守るジョウビタキ | トップページ | ミサゴのダーウィンポーズ »

2014年11月 9日 (日)

安濃川河口のユリカモメ

ブログに穴を開けてしまいました。申し訳ありません。

方々で冬鳥の到来が報告されるようになりましたね。

郷里岡山での菜園作業と行事を終え、先週末に神奈川の自宅に帰って来ました。

帰路、今回は、三重県伊賀市に一泊し、紅葉の室生寺、赤目四十八滝を観光して、その翌日、津市の安濃川河口に寄って野鳥撮影をしました。

Yurikamome657120141106

お昼前に到着した安濃川河口には、ミヤコドリこそ未だ早くて居ませんでしたが、百数十羽程のユリカモメが居て、海岸と淡水域を行き来していました。

Yurikamome609620141106

安濃川河口は野鳥関連誌で知った有名な探鳥ポイントですが、未だ一度も訪れたことはありませんでした。

河口の明るい砂浜、開けた景色と撮影上のロケーションも申し分ありません、既に多くの冬鴨類も入っていて、鳥の数からも申し分のないポイントのようでした。

久し振りの野鳥撮影。先ずは小手試しに、150-500mmのSIGMAのズームで、青空を飛び交うユリカモメを追ってみました。

Yurikamome566920141106Yurikamome567120141106

次は、水浴びをして海岸に戻るユリカモメです。

Yurikamome585820141106

川面を低空飛行し、堤の上からの撮り下ろしとなります。

Yurikamome583320141106

左上の個体は撃たれた訳ではありません。ふざけている訳でもないようです。

水浴び後は羽を乾かすためか、飛びながら羽を震わせて仰向きになる仕草をよく眼にします。

Yurikamome648820141106_2

3羽の編隊飛行。青空に映えて綺麗でした。

**********************************************************************

前日に寄った室生寺はいま少し紅葉には早かったようでしたが、奥の院までの約4百段の石段を登り、奈良時代建立の古刹を堪能してきました。

Murouji989820141105_2

日本最少で2番目に古い屋外建立の五重塔(国宝)。西暦800年の建立とか。 1998年9月の台風で周囲の杉の木が倒れて大損傷を受けたという古い(?)ニュースを思い出しました。

下は、室生寺の紅葉です。

Murouji991120141105

Murouji991220141105

|

« 菜園作業を見守るジョウビタキ | トップページ | ミサゴのダーウィンポーズ »

ユリカモメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安濃川河口のユリカモメ:

« 菜園作業を見守るジョウビタキ | トップページ | ミサゴのダーウィンポーズ »