« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

潜水するカイツブリ

タゲリを撮った里芋畑の側を流れる小さな河川にはカイツブリの番が居て採餌の様子を楽しませてくれます。

川幅8~10m、水深0.3~1m程の川にはコイアユを含む大小の川魚が居て、ボラの稚魚も遡上します。

Kaitsuburi847020141121

カイツブリは潜水して小さな川魚を狙いますが、水深が浅いために潜水中の姿を観ることが出来ます。

Kaitsuburi848320141121

ボッコ・・・と水中に潜って

Kaitsuburi848120141121

大きな水掻きのある足だけで進みます。

Kaitsuburi847220141121

潜水中の姿は、ペンギンや他の水鳥と違って、何か異様な生き物の様ですね。

一升瓶が泳いでいる様にも観えて滑稽でもあります。

Kaitsuburi849320141121

これはカイツブリの接近に驚いて(?)ハヤが跳ねた瞬間です。

残念ながら、撮影している間には何も捕食しませんでしたが、

Kaitsuburi916820101127

この写真は4年前に同じ場所で撮ったカマツカを捕食するカイツブリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

湧水池には今季も丘葭鴨が

仕事に出る家内を駅に送っていった帰りに、駅裏の小さな湧水池を覗いてみました。

Okayoshigamo8437

水面には今年もオカヨシガモの群れの姿が確認でき、年々増えているのか、22羽を数えることが出来ました。

Okayoshigamo8385

毎回言うようですが、雄のオカヨシガモの羽色はシックで大好きです。 胸の鱗模様、全体の配色、

Okayoshigamo8392

羽繕いの時に見える暗赤褐色の中雨覆羽。 それにお腹は白色。 なんとも言えない全体配色でしょう?

Okayoshigamo8465

この湧水池の底には水草が生えていて

Okayoshigamo8474

頭を突っ込み逆様になって啄ばんでいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

獲物を運ぶチョウゲンボウ

タゲリを撮っていると、こちらに向かって飛んでくる猛禽の姿が観えました。

チョウゲンボウです。何か獲物をつかんで運んでいます。

Tyougenbou8026z20141118

小鳥です。

尾羽の形状からはカワラヒワの様に観えました。

Tyougenbou8028z20141118

おっと! 目が合ってしまいました。

羽色から推定するにオスの成鳥のようです。

この近くにはここ数年、亜種チョウセンチョウゲンボウが出ています。あの綺麗なチョウセンチョウゲンボウは今季も姿を見せてくれるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

タゲリに会いに ②

今日の野鳥もタゲリです。

タゲリの綺麗な緑光沢色の羽色を出そうと撮る写真はいつも静止側面の図鑑的写真になってしまいます。今回も大半のショットがそうでした。

その中から、動き回るタゲリの姿を選んでみました。

Tageri811920141118

右向きと

Tageri819820141118

左向きです。

暫く撮影を楽しんでいると、猛禽の姿でも見えたのか一斉に飛び立ちました。

青空をバックに幅広の翼でふわふわと飛ぶ群れの姿は何時見ても好いものです。

Tageri8284z20141118

黒い背面側と

Tageri8292z20141118

白い腹面側です。

暫く上空を旋回して、飛び立った同じ里芋畑に戻って来たところで引き上げました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

タゲリに会いに

雨の新潟から帰宅した次の週前半も湘南は良い天気が続き、飛来情報を貰っていたタゲリを撮りに出掛けてみました。

毎年撮影させて貰う里芋畑です。光線の具合からすると午後の方が良くて、天気の良い日には羽の光沢色が綺麗に写し込める筈です。

Tageri811020141118

着いたフィールドには既に3名のカメラマンが物陰となるフェンス脇から用心深く撮影されて居られ、その向こうの里芋畑に数羽のタゲリの姿が観えました。

農道を隔てた右手の畑にも順光を浴びて輝く数羽のタゲリが・・・。かなり近い距離です。

先陣のカメラマンに断り、ゆっくりと車を進めてエンジンを切り、車窓からレンズを出しますが驚いて飛び立つ様子はありません。一安心です。

暫くすると里芋畑に居た数羽のタゲリがこちらの畑に飛んで来て、

Tageri815820141118

7m程の至近距離で採餌を始めました。

Tageri817820141118

捕食するのは全てミミズです。片足を震わせてミミズの動きを察知して捕らえますが上手いものです。

Tageri822820141118

土手で背伸びをするタゲリです。

これから春先まで居て、綺麗な緑光沢色の羽色を楽しませてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

カケスの飛翔姿

ズームレンズ片手の散策では、その機動性もあってか思いがけないシーンが撮れることがあります。

ジャージャー」と林の中でうるさく鳴いていたカケスの群れの中の一羽が急に飛び出し、

Kakesu780320141118

咄嗟に構えてシャッターを押しました。 下からの見上げですが光る目も写せました。

雨覆羽にある特徴の青白黒の綺麗な斑模様は裏側からも見えるんですね。

Kakesu780420141118

翼を閉じて急降下で林に突っ込むカケスの姿です。凄い顔付きをしています。

Nosuri784120141118

カケスの入った林の杉の木の天辺にはノスリの姿もありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

そしてコゲラも遣って来た!

あまり間を空けずに群で柿の木に遣って来るメジロ達に交じり、白っぽい小鳥が遣って来ました。

Kogera793120141118

コゲラです。アカゲラに続いてのお出ましです。

Kogera793820141118

枝先を渡り歩いていましたが、やはり熟柿の方がお気に入りのようでした。

Kogera796520141118

柿の実の上に止まって横を向いた瞬間に後頭部の小さな赤い羽が観えました。オスのコゲラでした。

この近くには神社があり、前に本殿の板壁にアオゲラが無数の穴を開けてステンレスのパンチングメタルで覆うという施工がなされましたし、境内の楠木の大木にアオゲラが巣穴を掘ったことも有りました。

待っていれば柿好きのアオゲラも来るかも知れませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

アカゲラも柿が好き?

柿の実に来るメジロを撮っていると、まだ沢山の葉を残す柿の木の後ろにキツツキの気配を感じました。

柿好きのアオゲラでしょうか?期待が高まります。

Akagera787420141118

木の天辺に出て来たのはなんとアカゲラでした。

Akagera787920141118

羽色からはメスの幼鳥のようです。下尾筒の赤色と裏から見る尖った尾羽が綺麗です。

アカゲラも美味しそうな柿の実に魅かれて遣って来たのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

柿の実に来たメジロ

よく晴れた先日、散策用とした150-500mmのズームレンズを片手にMFに出てみました。

街の中央を流れる川筋の山手に未だ実がたわわに残っている柿の木を見つけました。甘柿の種の富有柿のようです。近寄ってみると実には鳥の食痕が残り、三割方は熟しています。

近くの葉を落とした梅の木に寄り掛かって少し待ってみることにしました。

Mejiro787320141118

遣って来たのは予想通りのメジロ達です。

Mejiro788720141118

熟した柿の実を美味しそうに口一杯に頬張っていました。

Mejiro799420141118

Mejiro841220141121

岡山の実家にある数本の柿木は皆ヘタ食い虫にやられたのか、一ヶ月も前に落ちてしまい見る影もありませんでしたが、この木には沢山の柿の実がたわわに生り残っていました。

柿は大好物で、幼少の頃は実家に生る多種の柿を楽しみました。西条柿の透き通るような熟柿。甘柿の富有柿、次郎柿、それに大きな百目柿。祖父が植えたもので、他にも果物には不自由しませんでした。

それらの柿木は既に老木となってしまい、2年前に苗木を買って植え付けました。

甘柿は太秋、渋柿は干し柿用の蜂屋と西条ですが、来年あたりの収穫を楽しみにしています。

**********************************************************************

この記事をアップしてから小一時間後、岡山市内に住む叔父から宅配便が届き、その中には大きな富有柿が一杯!

Kaki052820141122

柿好きにはたまりません。偶々でしょうか、素晴らしい柿日和となった一日でした。

皆さん、楽しい三連休をお過ごし下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

豪農の館にあったトキの剥製

氷雨降る荒天の中での野鳥撮影を終えて訪れた「北方文化博物館」の「豪農の館」では、船の欠航でキャンセルとなった佐渡旅行で撮る予定だったトキに逢うことが出来ました。

Toki995520141114

トキといっても、ケージではなくガラスケースに入った、生きてはなくて剥製のトキでしたが、何十年も前から豪農伊藤家に伝わる貴重なトキの剥製だそうです。

ということは、日本で生まれ、日本の空を飛んでいた日本産のトキの剥製ということになります。

Toki995720141114

残念ながら佐渡で放鳥トキの写真を撮ることは出来ませんでしたが、偶々訪れた新潟市の観光名所で日本産のトキの剥製に逢えたのはラッキーでした。

Toki999420141114

そしてこれは「北方文化博物館」の売店にあったトキの紙風船。

息を吹き込む穴が肛門の位置になっていてひょうきんでした。

**********************************************************************

この度の新潟旅行では、新潟が誇る嘗ての日本の石油王と言われた中野家の館である「石油王の館」も訪問し、小雨降る中ではありましたが、「中野邸美術館」の美術品や隣接する県下随一と称される紅葉の名所「もみじ園」を堪能しました。

中野邸の紅葉の写真を掲載し、新潟シリーズの最後とします。

Kouyou000120141114

中野邸四の蔵前の紅葉

Kouyou001320141114

もみじ園」の観音洞門内から望む紅葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

福島潟のオオヒシクイ

亜種オオヒシクイを求めて訪れた福島潟も氷雨に煙り、探鳥どころではありませんでしたが、それでも時折、雲間から陽が差して虹が出たりと変な天気でした。

灰色の空に綺麗な虹が掛かりその虹の前をオオヒシクイの群が横切りました。

Oohishikui738520141113

少し眼を離して見て貰えれば・・・・・      虹、見えました?

福島潟南西側の潟周辺の田んぼでオオヒシクイの群を探しましたが、オオハクチョウと違って警戒心が強く、車でもなかなか近くに寄らせてくれません。

Oohishikui752920141113

小雨の中でたたずむオオヒシクイの群

Oohishikui742020141113

群に合流する3羽のオオヒシクイ

Oohishikui768720141114

群の中の見張り役です。

Oohishikui769720141114

飛び立ちの瞬間です。

Oohishikui777920141114

民家のすぐ傍の田んぼに居たオオヒシクイの群。民家を削除して横長のカットに。(左クリックで大きな写真になります。)

Oohishikui779620141114

この子も群の見張り役。頭と長い首を見ていると馬に見えてくるんですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

採餌場のオオハクチョウ

オオハクチョウの採餌場を覗きに探鳥地として有名な福島潟周辺の田んぼを目指しました。

Oohakutyou745520141113

氷雨に煙る山並みをバックに飛ぶオオハクチョウの姿が観え、福島潟に向かう途中の田んぼには白い塊が其処此処に観えます。採餌をするオオハクチョウの群です。

Oohakutyou746420141113

車で近寄っても車外に出ない限り平気なのですが、時折激しく降る雨をやり過ごし、小雨の中を運転席の窓越しに撮影です。

Oohakutyou757620141113

安全と分ると長い首を曲げ頭を深みに突っ込んで採餌を始めますが、何を食べているのでしょうか。一度掘り起こした田んぼでは落穂を見つけるのは難しいのでは?

Oohakutyou765220141114

リラックスモードのオオハクチョウ。大きな足で頭掻きです。

下は、飛び立ちの姿です。

Oohakutyou739920141113

Oohakutyou740320141113

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

瓢湖のオオハクチョウ

大荒れの天気の中、向かった瓢湖にはオオハクチョウの姿は見えませんでした。

時折雲間から覗く青空を見ていると数羽の白鳥の姿が観えました。

Oohakutyou704920141113

オオハクチョウです。

Oohakutyou707020141113

数羽の群れも湖面を目指し飛んで来ました。

Oohakutyou708420141113

これは幼鳥2羽を連れた家族でしょう。

Oohakutyou707920141113

雨に煙る湖面に降り立ち、

Oohakutyou712120141113

Oohakutyou715420141113

湖を巡回して居心地を確かめているようでした。

上の写真は、11月13日の正午頃に撮った写真ですが、翌々日の15日の毎日新聞一面に瓢湖の白鳥の記事が載っていて、   

「ラムサール条約登録湿地になっている瓢湖(新潟県阿賀野市)に、今年も冬の使者のハクチョウが続々と飛来している。 越冬の為シベリアなどから訪れたハクチョウは瓢湖をねぐらにしていて、夜明けには餌を求めて周辺の田んぼに飛び立つ。 同湖の管理事務所によると、今年は昨年より1週間遅い10月10日に(7羽)が初飛来。今月14日にほぼピークを迎え、(5168羽)のハクチョウが確認された。今月末までピークが続く。」

と書かれていました。

ということは、上の写真のオオハクチョウ達は、今期新たに瓢湖に渡来したオオハクチョウ達かも知れませんね。

中には、丁度5,000羽めの表彰者のオオハクチョウが居たのかも。

Oohakutyou703220141113

おまけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

ハシビロガモは目下換羽中

今日の野鳥は瓢湖で撮った換羽中のオスのハシビロガモです。

湖面を所狭しと泳ぎ回る鴨の中に、数羽のオスのハシビロガモの姿が観えましたが、何れも未だエクリプス羽から冬羽に換羽中で、その進度を比較するのも面白い時期でした。

Hashibirogamo71142014113

未だ胸にエクリプス羽が残り全体にバフ色が掛かっています。

Hashibirogamo724820141113

この個体は七割方の完成でしょうか?

Hashibirogamo7303

これは以前に何処かで撮影した完全冬羽のオスのハシビロガモです。綺麗な羽色ですね。

**********************************************************************

この時期、綺麗といえば紅葉。

雨の中、折角ですので、観光案内所で教えてもらった新潟市内の紅葉スポットを訪ねてみました。

先ずは、北方文化博物館の豪農の館へ。

越後随一の豪農であった伊藤家の文化資産をはじめ、そのとてつもなく贅を尽くした豪邸の庭の紅葉を楽しみました。

Kouyou996820141114

大広間 座敷から眺める回遊式庭園

Kouyou997620141114

松の緑に調和した紅葉が美しい。

Kouyou998620141114

正三角形の茶室「三楽亭」の庭の苔生した石灯籠と赤いもみじの落ち葉。

敷地8,800坪、建坪1,200坪。流石に越後の豪農は違いますね。 ところで、助さん格さんの奉公した越後の縮緬(ちりめん)問屋の規模はどのくらいだったのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

アメリカヒドリを見ぃーつけた。

13日からの、2泊3日の佐渡旅行は、当日朝の悪天候による船の欠航で全額払い戻しのキャンセルとなり、急遽新潟旅行に切り替えました。

先ず温泉宿を確保して、レンタカーを借り、目指すは瓢湖と福島潟です。

野鳥でいうと、放鳥トキはあきらめて、オオハクチョウオオヒシクイに切替です。

といっても、新潟市近郊の天気も暴風雨の予報です。どうなることやら。

先ず向かったのは瓢湖です。

到着11時。既に5,000羽を超える白鳥が渡来したと聞く瓢湖の湖面にはコハクチョウが1羽だけ。周りの田圃に採餌に飛び立った後でした。

やることは唯一つ、

Duck700020141113

これらの多くの鴨達の中からアメリカヒドリを探すことです。

Duck701120141113

オナガガモキンクロハジロホシハジロヒドリガモマガモコガモハシビロガモ。おまけにオオバンも居ます。

時折霰交じりの氷雨が降る中、探すこと数分。

Amerikahidori698020141113

居ました・・・。 純血個体に限りなく近いアメリカヒドリではないでしょうか?

Amerikahidori710820141113

この子はどうかな? 額の色がヒドリガモの色に似てベージュ色です。

Amerikahidori698520141113

そしてこの子に至っては混血間違いないでしょうね。

Hidorigamo724520141113

そしてこれがヒドリガモ

嵐の中、雨脚を見ながら観察小屋を出たり入ったりしながら撮ったアメリカヒドリヒドリガモ(の交雑体)でした。

何度も来た新潟でしたが、探鳥スポットの他、駅の観光案内所で教えてもらった紅葉の名所や豪農の館、石油王の館などを巡って昨日帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

川と里のギャング達

いきなりの映像ですが、

Kawau564120141106

これは安濃川河口にたむろするカワウですが、郷里岡山の田舎の河川にも生息し、を含む川魚を根こそぎ食べてしまいます。

以前は観なかった支流の小川にも姿を見せ、地方河川の漁協もこの川のギャング達にはとことん手を焼いているそうです。

頻繁に田舎に帰省するようになってから、毎年、漁協の年間入漁証を買って遊んでいましたが、漁協が放流したはもとより、地着きのハヤまでカワウが捕獲してしまい、とうとう今年は出漁回数となりました。

この川のギャングのカワウは生息数のコントロールが必須の野鳥となって来たように思います。

そして、里のギャングも同様です。

イノシシです。

田舎の我が菜園にも夜な夜なイノシシが出没し、大好物のミミズを求めて果樹の根元や野菜の畝を掘り起こしてゆきます。一晩で農作物を全てやられてしまった畑も一つや二つではないそうで、我が菜園も電気柵を調達して設置しました。

その電気柵も畑地の全域をカバーするには足らず、ましてや、車道を通って来るイノシシ達には万全策ではありません。

期待薄ですが、市に駆除を頼もうと思っていた矢先、菜園の山手でイノシシが罠に掛かったとの朗報を得ました。

幼友達の石屋の社長に話して一緒に軽トラで行ってみると、

Inoshishi979020141028

既に解体されて血抜きの最中でしたが、全長130cm、推定体重100Kg超の老齢なオスのイノシシでした。

Inoshishi978720141028

蹄の大きさを見てみると、

Inoshishi979920141028

我が菜園の防草シートの上に残された足跡とほぼ同じ大きさです。こいつに間違いありません。(笑)

Inoshishi979220141028

これがこのイノシシが掛かった捕獲檻で、住民4、5人が出資して設置した檻だとか。

Inoshishi979420141028

檻の中には餌のジャガイモサツマイモカボチャ等が入れられていて、細いワイヤーに触れると入り口の柵が落ちる仕組みです。

後ろの畑を囲むように設置されたトタンの波板がこの地域で設置されるイノシシ除けの柵ですが、広範囲に亘り、大変な出費と労力です。

狩猟も行われているようですが、「四足を殺生すると若死にをするとか」と嫌われ、最近はハンターのなり手も少ないようです。

Inoshishi980220141028

老齢のイノシシで、上顎の牙は磨り減って小さくなっていたので、下顎の牙を貰って帰りました。 根元にヒートンを埋めてペンダントトップにでもしようと思っています。

そして次の日、

石屋の社長から「獅子肉は要らないか?」との電話が。

実家の冷凍庫にも未だ去年の獅子肉が残っていて断ったのですが、獅子肉を貰ったこれまた別の幼友達の言うのには、「石屋の社長、自転車籠一杯の獅子肉を貰って来て奥さんに叱られ、方々に電話して配っているんだ」とか。・・・・・やれやれ、でした。

石屋の工場の冷蔵庫には未だ獅子肉が残っていましたが、捕獲以降3日ほどは菜園にイノシシは出て来ませんでした。

が、

喜んだのはつかの間。 別のイノシシが出て来て椎茸木の古木の集積場を穿り返しました。4、5頭は居るとの目撃情報も有り油断大敵で、残していた落花生を全て収穫し終えました。

川のギャングのカワウの話から、里のギャングのイノシシの話に強引に持っていってやったぜぇ~

どうだい、田舎暮らしって ワイルドだろ~    

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

調整池にやって来たオジロトウネン

帰宅後の翌週月曜日、週末のぐずついた天候から打って変わっての晴天となり、近くのフィールドを観て廻ることにしました。1ヶ月振りのマイフィールドです。

行く先々、どこも鳥影は少ないようでしたが、10月上旬の帰省前にアオアシシギを撮った調整池にオジロトウネンが一羽入っていました。

Ojirotounen680120141110

Ojirotounen670920141110

掃除が終わり浅くなった池で、しきりに採餌の動作を繰り返していますが何を捕っているのでしょうか?

Ojirotounen678220141110

嘴に掴んだのは小さな赤虫のようでした。

Ojirotounen690520141110

真っ青な青空が反射する調整池の底を動き回るオジロトウネン

Ojirotounen664420141110

ピンボケですが、飛び上がった際に白い両外の尾羽が観えました。

**********************************************************************

下は、我が家の庭に花が無くなるこの時期に咲くツワブキの花です。

Tsuwabuki994020141107

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

目の前を横切ったウミアイサ

初めて訪れた安濃川河口はすごいところでした。

海岸沿いに渡るハマシギの群れを見送って一息もしない間に目の前をアイサの群れが横切りました。

慌ててシャッターを押したものの、ハマシギの群れを撮ったレンズ設定ではなかなかピントが合いません。

Umiaisa643720141106

河口から上流に向けて目の前を横切ったのは、6羽のメスのウミアイサの群れでした。

Umiaisa644020141106

水面すれすれに飛んでいて

Umiaisa644120141106

水面に水飛沫が上がり驚いたようでしたが、この水飛沫はウミアイサに驚いたボラが立てたものでした。

Umiaisa644420141106

Umiaisa644520141106

ウミアイサの群れは上流に向かって飛んで行ってしまいましたが、この時期の安濃川河口は素晴らしいところでした。

次回1月中旬の帰省の際、もう一度寄ってみようと思っています。

話し変わって、本日から2泊3日の日程で佐渡島に放鳥トキを撮影に出かけています。天候が今一で、連絡船が欠航して今頃新潟でうろうろしているかも知れません。トキに会えることを願ってひたすら天候の回復を祈っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

海岸線を渡るハマシギの群れ

スズガモの大群を見送った後、海岸線を観ていると小さなシギの群れが渡って行くのが見えました。

Hamashigi642320141106

その数、百羽ほど。

Hamashigi642720141106

小さくて判別出来ませんが、どうもハマシギのようです。

安濃川の河口域は見向きもせずに、一目散に南下して行きました。

Hamashigi6417z20141106

後から拡大してみた写真です。

やはりハマシギの群れでした。

それにしても、青い海原を渡って行くハマシギの群れの姿は美しいものですね。

**********************************************************************

今日は、ついでにと言っては悪いのですが、岡山からの帰路に訪れた三重県伊賀市の「赤目四十八滝」の滝の雄姿をお見せ致しましょう。

Akametaki992020141105

Akametaki992320141105

到着したのが午後3時。既に薄暗くなった滝筋でのコンデジ手持ちの撮影には技術が必要です。両脇を締めて息を殺して・・・・・。

お蔭でスローシャッターの滝の流水シーンとなりました。

Akametaki993320141105

4時から既にライティングが始まり、全行程の三分の一程しか散策出来ず、何れまたの機会に再挑戦の予定です。今度は夏が良いかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

渡るスズガモの大群

ミサゴの去った北方の海岸線を眺めていると、大きな鳥の群れが近付いて来るのが観えました。

Suzugamo612920141106

海上を通って紀伊半島東岸を南下して行く様でした。

Suzugamo615220141106

冬鴨の種の様ですが、何の群れでしょうか?

Suzugamo617520141106

その内に群れの一部が安濃川河口域に入って来ました。

・・・・・スズガモです。  どうりで大きな群れのはずです。

Suzugamo617720141106

ホシハジロも交じっているようです。

一度淡水域で休息し、再度大きな群れに合流するように飛び立って行きました。

Suzugamo6188z20141106

Suzugamo6190z20141106

このスズガモ達の終着地は何処なのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

ミサゴのダーウィンポーズ

郷里岡山からの帰路に訪れた安濃川河口は水辺の野鳥の宝庫と言っても良いほどの探鳥ポイントでした。

安濃川河口の川面に集う冬鴨達を眺めていると、河口上空に見慣れた猛禽の姿が・・・・・。

ミサゴです。

Misago633420141106

海岸沿いに広範囲な餌場を持っているようで、偶に安濃川の河口にやって来ます。

Misago630020141106

上空から狙いを定めて、

Misago630720141106

猛スピードで急降下して水面すれすれに飛翔します。

Misago590620141106

そして餌の捕獲。

野鳥仲間で言う通称「ダーウィンポーズ」です。

NHKの「ダーウィンが来た!」でミサゴの特集が組まれて以来、放映場面にあったこの脚爪を伸ばした捕獲シーンを「ダーウィンポーズ」と呼ぶようになったようです。 もちろん、鳥屋の世界だけですけどね。

残念ながら、今回は捕獲シーンは観られませんでしたが、後学のために、河口を少し登って餌になるボラの遡上状態を確認しました。

Bora649920141106

Bora650120141106

居る居る! 凄い数のボラです。

ミサゴの採餌場として不足はありません。

安濃川河口恐るべし。正月開けの帰省時にもう一度寄ってみる積りです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

安濃川河口のユリカモメ

ブログに穴を開けてしまいました。申し訳ありません。

方々で冬鳥の到来が報告されるようになりましたね。

郷里岡山での菜園作業と行事を終え、先週末に神奈川の自宅に帰って来ました。

帰路、今回は、三重県伊賀市に一泊し、紅葉の室生寺、赤目四十八滝を観光して、その翌日、津市の安濃川河口に寄って野鳥撮影をしました。

Yurikamome657120141106

お昼前に到着した安濃川河口には、ミヤコドリこそ未だ早くて居ませんでしたが、百数十羽程のユリカモメが居て、海岸と淡水域を行き来していました。

Yurikamome609620141106

安濃川河口は野鳥関連誌で知った有名な探鳥ポイントですが、未だ一度も訪れたことはありませんでした。

河口の明るい砂浜、開けた景色と撮影上のロケーションも申し分ありません、既に多くの冬鴨類も入っていて、鳥の数からも申し分のないポイントのようでした。

久し振りの野鳥撮影。先ずは小手試しに、150-500mmのSIGMAのズームで、青空を飛び交うユリカモメを追ってみました。

Yurikamome566920141106Yurikamome567120141106

次は、水浴びをして海岸に戻るユリカモメです。

Yurikamome585820141106

川面を低空飛行し、堤の上からの撮り下ろしとなります。

Yurikamome583320141106

左上の個体は撃たれた訳ではありません。ふざけている訳でもないようです。

水浴び後は羽を乾かすためか、飛びながら羽を震わせて仰向きになる仕草をよく眼にします。

Yurikamome648820141106_2

3羽の編隊飛行。青空に映えて綺麗でした。

**********************************************************************

前日に寄った室生寺はいま少し紅葉には早かったようでしたが、奥の院までの約4百段の石段を登り、奈良時代建立の古刹を堪能してきました。

Murouji989820141105_2

日本最少で2番目に古い屋外建立の五重塔(国宝)。西暦800年の建立とか。 1998年9月の台風で周囲の杉の木が倒れて大損傷を受けたという古い(?)ニュースを思い出しました。

下は、室生寺の紅葉です。

Murouji991120141105

Murouji991220141105

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »