« 長元坊の獲物はショウリョウバッタ | トップページ | 初撮りのツツドリ »

2014年9月20日 (土)

カワセミのバトル

今日は少し写真が多くなります。

9.11。 嫌な思い出のあるこの日。 再度ツツドリを求めて近くのカワセミの公園に行きました。 いつもはカワセミ狙いの常連客でにぎわう公園は閑散としてカメラマンは誰も居ません。

ツツドリの影も無く、先日のコムクドリムクドリさえも姿が見えません。しかし、カワセミだけはいつもの様に遣って来て、しきりにダイビングしています。

偶には、カワセミのダイビングシーンでも狙ってみようかとシャッターを押しますが、ピントが来ません。おまけに、肝心のカワセミが魚を捕ってくれません。撮れたのはこんなシーンばかり。

Kawasemi0107140911

Kawasemi0101140911

Kawasemi0103140911

夕刻に雷雨があるとの天気予報もあるし、そろそろ帰ろうかと、ファインダーから眼を放し、後ろを見ると、

Kawasemi0121z140911

木道の上に、また違う個体のカワセミが2羽。 どちらも雄の様で、取っているポーズから判断するとバトルの前の威嚇ポーズの様です。 縄張り争いか、子離れの追い出しか?

未だ夕立にはなりそうになく、カメラをセットし直して、今後の成り行きを撮影することにしました。面白いシーンが撮れるかも。

Kawasemi0245z140911

待つこと数分。奥に居た左側の個体が飛んで来て至近距離に止まり、互いに派手な威嚇の仕草を始めました。

Kawasemi0246z140911

痺れを切らすほど待たせた挙句に、いきなりバトルを始めました。右のカワセミが相手の嘴を包むように咥えました。(効果です。)

Kawasemi0248z140911

Kawasemi0254z140911

そのまま木道の板敷きの上に押さえ込みに入り、(有効から技ありです。) 暫く押さえ込んでいましたが、

Kawasemi0340z140911_2

今度は、上嘴を咥えたまま、

Kawasemi0341z140911

Kawasemi0342z140911

振り回して場外に放り投げました。(一本!)

Kawasemi0510z140911

負けたカワセミは退散し、

Kawasemi0511z140911

勝ったカワセミは両翼を広げて勝ち名乗りを上げました。

Kawasemi0512z140911

そしてバトルは終了したかと思っていたら、

Kawasemi0518z140911

何処に隠れていたのか、背後からの奇襲。 なんと凄まじい形相です。

Kawasemi0519z140911

この奇襲も見事にかわし、再度、勝ち名乗りを上げる?カワセミ。蒙古相撲の勝者の舞のようです。

そして、対峙時間の長かったバトルも終わり、帰ろうとした瞬間。またもや奇襲です。 

Kawasemi0521140911

しつこさには驚きましたが、犬を連れた散歩の人が通り掛り、この勝負、お預けと相成りました。

「この一番にて、本日の打ち止め~!」

何? これって柔道なの相撲なの?

|

« 長元坊の獲物はショウリョウバッタ | トップページ | 初撮りのツツドリ »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワセミのバトル:

« 長元坊の獲物はショウリョウバッタ | トップページ | 初撮りのツツドリ »