« 血の池のカヤクグリ | トップページ | 抱卵中のタマシギ »

2014年8月26日 (火)

近場のケリ

け雨模様の続く毎日ですが、ここ湘南は時折晴れ間がのぞき、猛暑が続いた一時期と比べると嘘のような涼しい日が続いています。

しかし、野鳥は鳥枯れの様相で、情報は入ってきません。

神奈川の自宅に帰宅してからというもの、ジャングル化した庭の植栽の剪定と芝刈りに追われ、鳥撮りから足が遠退いていましたが、今日は、愚妻をパートに送った足で、久し振りに近場の休耕田を観て廻りました。

その休耕田がめっきり少なくなっていて、以前幾つか在った水を湛えた休耕田はほとんどありません。 これでは目指すシギチもお手上げです。

Keri8325_2

探すうちに、整地された畑にケリの姿を見付けました。

番のケリのようです。(後ろはコサギ

Keri8331

黄色い脚が鮮やかで、嘴の先の黒色が目立つ綺麗な野鳥です。

今回は10月初旬まで神奈川に居て、親父の三回忌をしに1ヶ月ほど岡山の実家に帰省する予定です。 この神奈川滞在中に、多くの野鳥達に出会いたいものです。

|

« 血の池のカヤクグリ | トップページ | 抱卵中のタマシギ »

ケリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近場のケリ:

« 血の池のカヤクグリ | トップページ | 抱卵中のタマシギ »