« オホーツク側の爪長鶺鴒 | トップページ | 初見初撮りのマキノセンニュウ »

2014年7月16日 (水)

北海道のキビタキ

ツアー4日目の午後、ついに最終目的地のサロマ湖に入りました。

先ず寄ったのは、当夜の宿の近くの常呂町の「トトロの森」ならぬ「ところ遺跡の森」。 最初に出迎えてくれたのは縄文人ならぬキビタキでした。

Kibitaki1290

そう言えば、今年、キビタキのちゃんとした写真を撮っていません。

Kibitaki1423

この森には数個体が居て楽しませてくれましたが、何故か北海道のキビタキは綺麗に感じました。

そして、この森で逢った野鳥は、

Ooakagera1386

写真のオオアカゲラと亜種エゾアカゲラ、そして亜種シロハラゴジュウカラ

Hashibutogara1347

このハシブトガラでした。

そして、私が見つけたのは、

Syokkon063

未だ新しいクマゲラの食痕でした。

長さ1mほどもある大きな食痕に未だ観ぬクマゲラへの思いを馳せ、キビタキの森を後にしました。

|

« オホーツク側の爪長鶺鴒 | トップページ | 初見初撮りのマキノセンニュウ »

キビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道のキビタキ:

« オホーツク側の爪長鶺鴒 | トップページ | 初見初撮りのマキノセンニュウ »