« 托卵のチャンスを狙うカッコウ | トップページ | 亜種シロハラゴジュウカラの採餌 »

2014年7月20日 (日)

原生花園の夏鳥ヒバリ

夏の北海道の草原ではヒバリを良く目にします。

オホーツク海沿岸の原生花園でも、あの上空に舞い上がる揚雲雀の姿がありました。

Hibari1521

歩道の杭の上で休むヒバリ。 北海道ではヒバリは夏鳥だそうです。

歩道脇の草叢に巣でもあったのか、直ぐ近くでホバリングしてくれました。

下は、その時の連続写真です。

Hibari7862_2

Hibari7863_3

Hibari7864

Hibari7865

Hibari7866

晴天の条件下、青空の補正に手こずりました。

今回の5日間の撮影ツアー中、曇天の日もありましたが、大雪山も、そしてオホーツク海沿岸の原生花園はいずれも晴天の天気で、お蔭様で真っ黒に日焼けし、元々菜園仕事で日に焼けた顔の皮が剥けてしまいました。

|

« 托卵のチャンスを狙うカッコウ | トップページ | 亜種シロハラゴジュウカラの採餌 »

ヒバリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 原生花園の夏鳥ヒバリ:

« 托卵のチャンスを狙うカッコウ | トップページ | 亜種シロハラゴジュウカラの採餌 »