« 低木の頂で囀るホオアカ | トップページ | 木止まりのブッポウソウ 続き① »

2014年7月23日 (水)

夏空に舞うオジロワシ

今回が、長々と続けてきました北海道シリーズの最後です。

10年振りとなる道東は少し野鳥が少なくなったのかな?と感じましたが、ツアーガイドさんのお蔭もあって、初撮りの野鳥も増えました。 ブログに掲載しました様な拙い写真ばかりでしたが、天候にも恵まれそこそこの成果が有った撮影ツアーでした。

久し振りの原生花園を巡る道中、何度か青空をソアリングするオジロワシの姿を目にしました。

Ojirowashi7801

428の手持ちでドライブインの駐車場から撮った写真ですが、何とかオジロワシと識別出来ました。

ガイドさんの話では、北海道内で繁殖する個体もかなりいるそうです。

でも、冬のオジロワシの方が・・・

下は、携帯していたコンデジで撮った原生花園です。 最終稿の記念に掲載させていただきます。

Okhotsk1

ハマナスの丘からオホーツク海を望む。冬は流氷原となるのですね。

Okhotsk2

エゾノヨロイグサエゾスカシユリの丘からオホーツク海を望む

Lakesaroma

最終訪問地のサロマ湖ワッカ原生花園 (エゾスカシユリとワッカネイチャーセンター)

ツアーガイドのNさん、そして同行されたツアーメンバーの皆さんにも恵まれ、(誰かさんの大鼾には閉口しましたが)楽しい撮影ツアーとなりました。ここに厚く御礼申し上げます。

Sさん、今度は冬の北海道、また一緒に行きましょうね。 もちろん今度は個室でね。

|

« 低木の頂で囀るホオアカ | トップページ | 木止まりのブッポウソウ 続き① »

オジロワシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏空に舞うオジロワシ:

« 低木の頂で囀るホオアカ | トップページ | 木止まりのブッポウソウ 続き① »