« シマキンパラの水浴び | トップページ | エッ!まさかのオニアジサシ »

2014年6月17日 (火)

亜種リュウキュウキジバト

今日の沖縄の野鳥は、亜種リュウキュウキジバトです。

Ryuukyuukijibato9477

水田の畦に居たリュウキュウキジバトです。九州以北に分布する本州産亜種とは少し色が濃いと聞かされていますが、並んでみてくれないとその違いは容易には分かりません。

亜種とは、地理的品種といわれ、大抵が南に行くほど色黒くなっていきます。日焼けではないようです。

Ryuukyuukijibato9485

昨春に訪れた八重山でも多くのリュウキュウキジバトを見かけましたが、沖縄でも其処此処で姿を見かけます。上は、金武町の農耕地のハウスの上で喉を膨らませて「ポーポー」と下に居る(?)雌に求愛の声を掛けていた雄のリュウキュウキジバトです。

求愛といえば、先に訪れた沖縄美ら海水族館でマンタオニイトマキエイ)の求愛シーンを観ました。

Manta8380n

雌の後に雄がピッタリとくっ付き、雄がいつもは巻いている頭鰭(とうき)と呼ぶ頭部両脇のひれを広げて雌のお尻を抱えている、この行動が求愛行動だそうです。

ここの沖縄美ら海水族館では過去にも飼育下では世界初の繁殖の経験があり、今回も赤ちゃんマンタの誕生が期待できそうです。

ジンベイザメもデカイけど、このマンタもかなりのデカサでした。・・・・・鳥も好きだが魚も大好き。

|

« シマキンパラの水浴び | トップページ | エッ!まさかのオニアジサシ »

リュウキュウキジバト」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜種リュウキュウキジバト:

« シマキンパラの水浴び | トップページ | エッ!まさかのオニアジサシ »