« 待受けとなった白腹水鶏の雛 | トップページ | シマキンパラの水浴び »

2014年6月15日 (日)

田芋畑の雛連れのバン

撮影ツアー2日目、今度は私のリクエストで、沖縄本島中部、太平洋岸の金武町に出ていたという珍鳥ブロンズ朱鷺を探しに行きました。

5月下旬には居たとの情報をもとに、碁盤の目状の水田を西から東へ、北から南へと、それも数回、隈なく探して廻りましたが、残念ながら見つかりませんでした。この土日で、カメラマン達が追い掛け回して抜けたのかも知れません。

ブロンズ朱鷺を探す合間に、田芋タロイモ)が植わった水田に雛連れで採餌するバンの番を見つけました。

Ban9789

野良猫にでもやられたのか雛はたったの一羽だけでした。

Ban9795z

二親が頻繁に給餌をしていましたので直ぐに大きくなるでしょう。

それにしても沖縄、そこらじゅうでバンの姿を見かけました。 シロハラクイナを探していた所為もあったのでしょうが。

ところで、岡山の田舎の私の菜園の里芋ですが、梅雨に入りやっと芽が出て来ました。これから大きくなるのでしょうかね。

Hibiscus8263n

そしてこれはご存知ハイビスカス。 サザンカアカメガシの様に、沖縄では畑の境や民家の垣根に利用され、美しい花を咲かせています。

ハイビスカスの花言葉は、「上品な美しさ繊細な美信頼新しい恋」だとか。残念ながらどれも最近ピンとこない言葉になってしまいましたが。

|

« 待受けとなった白腹水鶏の雛 | トップページ | シマキンパラの水浴び »

バン」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田芋畑の雛連れのバン:

« 待受けとなった白腹水鶏の雛 | トップページ | シマキンパラの水浴び »