« 沖縄には鰺刺が良く似合う | トップページ | シロガシラのホバリング »

2014年6月21日 (土)

沖縄のイソヒヨドリ

沖縄では其処彼処でイソヒヨドリを観ました。

海岸線から27、8Kmも離れている岡山の山間部の田舎にも生息しているのですから、細長い沖縄島の全土に生息していても何ら不思議でも無いのですが、それにしても個体数の多さには驚きました。

そして、何故か体の羽色が濃い様に感じました。

Isohiyodori5229

これは、那覇空港の南の瀬長島の磯に居たイソヒヨドリの雄

Isohiyodori6240

これは、石川市の石川少年自然の家の駐車場に居た番のイソヒヨドリです。

そして、鮮やかな羽色をした極めつけのイソヒヨドリは、

Isohiyodori6296

うるま市の宇堅ビーチの磯に居たイソヒヨドリの雄です。

Isohiyodori6301

何故か羽色が素晴らしく青くて、見惚れてしまいました。

Isohiyodori6307

子育ての最中だったようで、腹の膨れた蜘蛛の様な餌を咥えて、海岸縁に茂るアダンの群落の中に飛び込んでいきました。

Adan6317

イソヒヨドリが飛び込んだアダンの繁みにはパイナップルに良く似たオレンジ色に熟れた実がありました。

|

« 沖縄には鰺刺が良く似合う | トップページ | シロガシラのホバリング »

イソヒヨドリ」カテゴリの記事

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄のイソヒヨドリ:

« 沖縄には鰺刺が良く似合う | トップページ | シロガシラのホバリング »