« 科属が変わったセッカ | トップページ | 東京湾のクロツラヘラサギ »

2014年3月28日 (金)

草地のあかしとど

珍鳥サバンナシトドの居た草地には、小奇麗な衣装のホオアカの番が居ました。

Hooaka3426a

別名をアカシトドと言い、(頬の)赤いホオジロ科の鳥という意のネーミングでしょうね。

Hooaka3466a

時々、草叢から、ナズナオオイヌノフグリが咲いている土手に出て来て、採餌をしていました。

地味ではありますが、なかなか綺麗な羽色をしていますよね。

明日からまた岡山の実家に帰省します。 夏野菜の作付けが待っていますが、今年こそは夏鳥をしっかり撮ってやろうと、鳥撮りにも意欲を沸かせています。

|

« 科属が変わったセッカ | トップページ | 東京湾のクロツラヘラサギ »

ホオアカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 草地のあかしとど:

« 科属が変わったセッカ | トップページ | 東京湾のクロツラヘラサギ »