« 銚子のケイマフリ | トップページ | 銚子のカモメは識別不能 »

2014年3月13日 (木)

銚子磯めぐりの黒鴨

今日の野鳥は、ケイマフリを撮りに遠征した銚子の周辺で撮影したクロガモです。

冬季の銚子周辺は、カモメ類を筆頭に、カイツブリ類、アビ類、類や、海ガモ類が多く集結する場所の様です。

ガモの中でも、ここ銚子周辺では、クロガモの群れが其処彼処で観察されます。

Kurogamo1968_2

東京湾三番瀬辺りでも観ることは出来ますが、ここは10数メートルの距離で、且つ、いたるところで観ることが出来、さながら「銚子磯めぐり」のクロガモ撮影ツアーの様でした。

Kurogamo2039_2

上嘴の上の黄色いコブが特徴の黒い海ガモです。 黒い顔に黒い眼。 キャッチライトを写し込むのに苦労します。

Kurogamo1659

これはメスのクロガモ。 地味ですね。

次は、オスの羽ばたきのシーンです。

Kurogamo1882

Kurogamo1883

クロガモは、何処でも頻繁に潜って採餌をしていましたが、

Kurogamo1658

波崎新港脇の水路では、時折り、大きな二枚貝を咥えて浮上していました。 アオヤギの様でした。

この水路では、クロガモの群れが泳ぐ中、ギャング釣りでアオヤギが釣れていました。

|

« 銚子のケイマフリ | トップページ | 銚子のカモメは識別不能 »

クロガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銚子磯めぐりの黒鴨:

« 銚子のケイマフリ | トップページ | 銚子のカモメは識別不能 »