« 超珍鳥ウタツグミの採餌 | トップページ | DD(情報不足)のウズラ »

2014年3月 7日 (金)

初撮りのヒクイナ

前日の雨が上がり、朝から快晴の天気になった昨日は、防寒の準備をして、横浜市のとある遊水地に赴きました。暦の上では啓蟄。這い出した虫達も再び土の中に潜りこむ様な寒い一日でした。

狙いは、上手くいけば初撮りとなるヒクイナと、一年振りのアリスイです。

前日の雨で遊水池の水位が上がっていて、ヒクイナは駄目かな?と期待はしていなかったのですが、ポイントに到着して待つこと30分。 出て来ました。

Hikuina1323

先日の大雪で倒れた葦原から、辺りを警戒しながら少しづつ身体を出して来て、水面に浮かんだ葦の切りくずの上に出て来ました。その距離10m程。 こんな近くで観るのは初めてで、私にとっては今回が初撮りとなるヒクイナです。

Hikuina1375

赤い目と赤い脚。赤褐色の顔と胸。背は英国のワックスコートを思わせる様な緑掛かったシックな褐色です。

Hikuina1398

7m程に近付いて来てくれますが、何かに怯えて、一目散に葦原に駆けこむシーンも数回ありました。

Hikuina1439

首を伸ばし、尾羽を立てて・・・水面下の餌を探すクイナ類得意のポーズです。

Hikuina1458

障害物でも有れば、ほれ、この通り。 滑稽で可愛い姿です。

昔、ヒクイナの「たたくような声」を聴き、草陰に隠れて観たことがありましたが、ほんの少しの間で、すぐに草叢に入ってしまった観察経験があります。顔が赤く、思っていたよりも小さな水鶏でした。

|

« 超珍鳥ウタツグミの採餌 | トップページ | DD(情報不足)のウズラ »

ヒクイナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初撮りのヒクイナ:

« 超珍鳥ウタツグミの採餌 | トップページ | DD(情報不足)のウズラ »