« 水場でくつろぐメジロ | トップページ | 淡色のチョウゲンボウ ② »

2013年12月18日 (水)

淡色のチョウゲンボウ

今日の野鳥は、昨日撮った淡色のチョウゲンボウです。

方々から貰っていた情報を元に、餌付された白いチョウゲンボウの現場に行ってみました。自宅からはそう遠くないMFの一角です。

現場に着くや、なんと! 餌付してその場を管理されているのは私の鳥友達のKさんではありませんか。

噂に聞く金銭徴収は、高めの餌代の足しにと任意で募る募金で、人の良いKさんさながらいつものコーヒーとお茶菓子の振る舞いが始まります。

チョウゲンボウのお出ましを待つ間に、久し振りの楽しい鳥談義に花を咲かせたのは言うまでもありません。

Tyougenbou8027_2

昨日は、10時半と1時過ぎに餌付場に現れました。

Tyougenbou8059_2

淡色の綺麗な、と言うよりも、正に美しい貴婦人です。(オスかも知れませんが。)

Tyougenbou8061_2

止まり木からの飛立ちを狙いましたが、右翼の翼の先端が蹴られてしまいました。失敗作です。

Tyougenbou8072_2

止まり木間を移動する際の飛翔姿です。体面全面の黒斑が小さく、美しいチョウセンチョウゲンボウです。

次は、止まり木からの飛び出しを3連続写真で。

Tyougenbou8102_2

Tyougenbou8103_2

Tyougenbou8104

この個体、Kさんの話では、昨シーズンにこの近くに出たチョウセンチョウゲンボウらしき個体とは微妙に特徴が違うそうです。

白化変異の白いチョウゲンボウだとする人もいますが、上、下面の黒色班が小さく、羽色が淡いことからチョウセンチョウゲンボウではないかと思っています。

胸が白いのはチョウセンチョウゲンボウではないとのコメントもいただきましたが、その後知り合いの複数の有識者にも確認しましたところ、胸の白いチョウセンも居るとの見解や、基亜種であるチョウセンチョウゲンボウにも亜種が多く、昨シーズンのチョウゲンボウも、全亜種を確認したわけではないなら、チョウセンチョウゲンボウではないとは決して言えないとの見解を貰いました。ご参考に。

|

« 水場でくつろぐメジロ | トップページ | 淡色のチョウゲンボウ ② »

チョウセンチョウゲンボウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 淡色のチョウゲンボウ:

« 水場でくつろぐメジロ | トップページ | 淡色のチョウゲンボウ ② »