« オシドリは雌雄相愛し | トップページ | 岡山に飛来したコウノトリ »

2013年11月 8日 (金)

水鳥公園のクロツラヘラサギ

根雨のオシドリの帰還を待つ間に日野町根雨から小一時間の距離にある米子水鳥公園に行ってみることにしました。

米子水鳥公園のブログで、10月31日に今年もクロツラヘラサギがやって来たとの情報を得ていたからです。

クロツラヘラサギには深~い思い出があります。 2008年の大晦日の日、神奈川県小田原市を流れる酒匂川の河口で県内2例目となるクロツラヘラサギの飛来を写真に収めました。明けて正月、地方紙の神奈川新聞に投稿し、一面を飾るニュースにもなりました。 思えばもう5年前の出来事になってしまいましたが。

(*ご興味のある方は瑞鳥庵HOMEPAGEの「クロツラヘラサギ酒匂川に飛来」を参照ください。)

到着した水鳥公園はあいにくの休館日。 休日にもかかわらず施設点検?に出勤?されていたレンジャーらしき感じの良い人(若者)に休館日を教えられ、併せて、クロツラヘラサギの居るポイントと最短距離の撮影場所を教えていただきました。

Kurotsuraherasagi5285

いやー遠い!中洲の先端(写真の左)に居る白い個体がクロツラヘラサギの様です。嘴を背に差し込み、片足を上げて休息中です。

Kurotsuraherasagi5300

カメラの液晶モニターで拡大してみましたら、やはりクロツラヘラサギです。 5年ぶりの再会です。

出掛けに羽織った薄手のコットンセーターを脱いでも未だ暑い、快晴に近い好天で、左手には雄大な伯耆大山が霞んで見えます。しかし、クロツラヘラサギは逆光です。そしてなかなか顔を上げてくれません。

他の野鳥を撮りながら待つこと30分、1時間。一向に動こうとはしません。

Kurotsuraherasagi5334

やっと羽繕いを始めてくれましたが・・・・・駄目。

公園周辺の野鳥撮影に変更し、根雨への帰り際にもう一度挑戦しましたが、

Kurotsuraherasagi5589

かろうじて身体の向きを変えてくれただけで動きは有りませんでした。

水鳥公園のブログによりますと、このクロツラヘラサギは放浪癖があるようで、この次の日には姿が見えなかったそうですが、例年だとまた舞い戻って来るそうです。

|

« オシドリは雌雄相愛し | トップページ | 岡山に飛来したコウノトリ »

クロツラヘラサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水鳥公園のクロツラヘラサギ:

« オシドリは雌雄相愛し | トップページ | 岡山に飛来したコウノトリ »