« 今季のジョウビタキ | トップページ | 伊佐沼のヘラサギ ① »

2013年11月18日 (月)

日野川のセグロセキレイ ②

さて、ここのところブログネタも尽きて来て、どこかに鳥撮りに行きたいのですが・・・・・このところの天候不順ではどうにも行けません。

そう云う訳で、今日は鳥取根雨の在庫の中から日本の固有種のセグロセキレイです。 2シーズン前にも「日野川のセグロセキレイ」を載せていて、第2弾となることから、タイトルにと付けました。

Segurosekirei6647n

おしどり観察小屋の前の石の上に止まるセグロセキレイ。 背の黒色が少し薄いのでメスの成鳥でしょうか。

Segurosekirei6640n

おしどりの里に着くや、保護活動をされている方から「今日は天気が良いので出払っちゃって1羽も居ないよ~。」と教えられ、携帯用カメラD7100を持って観察小屋に入り、のぞき窓から川面を観ると、セグロセキレイが目の前に居ました。 私の帰省している岡山の山間部でもよく見掛ける野鳥です。関東と比べ、ハクセキレイよりか個体比率が多い様に思われます。

Segurosekirei6643n

背の羽色が真っ黒ではありませんので、やはりメスのセグロセキレイでしょう。

そう言えば十数年前、ブラインドを使ったカワセミ撮影に夢中になっていた時分(フィルム時代)、部分白化変異?のセグロセキレイを撮ったことがありました。

昔の写真がありました。

Segurosekireiwhite

亜種ホオジロハクセキレイの様な出で立ちに一瞬喜びましたが、嘴と脚(跗蹠)の色がピンク色だったので白化変異と判定しました。

話は飛んでしまいますが、

東京江東区のとある公園に珍鳥ミゾゴイの若鳥が出ていて、連日多くのカメラマンが撮影に訪れているそうです。未見未撮りの野鳥ですので撮りに行きたいのは山々ですが、今居る岡山からではちょっと遠すぎます。次回の帰宅時まで居てくれればと願っています(いました?)。

昨日頂いた情報では、ミゾゴイの雛を拾って育てていた中学生が校長先生に注意され野に放したとか。道理でカメラマンの足元まで来るはずだ・・・とか、また良くぞここまで飼っていたな、餌さやりが大変だったろう・・・とか推測、感心などしていても 岡山じゃどうにもなりません。

|

« 今季のジョウビタキ | トップページ | 伊佐沼のヘラサギ ① »

セグロセキレイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/58594790

この記事へのトラックバック一覧です: 日野川のセグロセキレイ ②:

« 今季のジョウビタキ | トップページ | 伊佐沼のヘラサギ ① »