« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月27日 (日)

ブッポウソウの巣箱掃除に参加して

昨日は日本野鳥の会岡山県支部主催の恒例行事である吉備中央町のブッポウソウの巣箱掃除に参加しました。少し長くなりますがご報告をいたします。

当ブログへ参加を要請したコメントが寄せられたのは先月9月。今月5日から毎週土曜日に開催されるこのブッポウソウ保護活動のイベントには帰京、帰省の予定から19日に参加する旨を支部に伝えました。「ブッポウソウの生態について思わぬ発見がある」ことを期待しての参加申し込みでありました。

19日は生憎の雨天で中止。台風27号の影響で危ぶまれた昨日26日は前日の台風通過で決行となりました。聞くと天候不順で未だ1回しか出来てないとか。支部で管理している巣箱の数は160個以上とのことなので4日間の掃除を予定しているとのことでした。

参加人数16名。4人一組、4組の組編成で予め設定された4つのブロックを各組が担当します。幸い、初参加の私は、支部の世話役のYさん、県南でチュウヒの研究観察をされているTさん達の組にご一緒出来、貴重なブッポウソウをはじめとする野鳥知識を得ることになりました。先ずは感謝です。

Nestcleaning6571

巣箱掃除の作業は、NTTの電話線電柱の地上4~5mの高さに掛けられた巣箱を開けて中の内容物を確認し内容物を取り出し、来年渡って来たブッポウソウが産卵した卵が巣箱内で転がらないように小粒の軽石(園芸用のパーライト等)を少し敷いてやり蓋をします。ブッポウソウは巣材を一切使わず、巣箱の内容物はほとんどが排泄物です。最後で、今回取り出したその排泄物を披露いたします。

長年の観察と調査の結果で、排泄物の量からその巣箱から巣立った雛の数が推定出来るそうです。Yさん、Tさんの推定される結果をもとにした当日の私の推測では巣箱内に堆積した排泄物の厚み1cmが巣立ち雛1羽との換算の様に感じました。中には排泄物が5cmほどの厚さに積もった巣箱もありましたが、巣立ち雛の推定数は5羽となります。

巣箱毎に入口の方角と巣箱内の様子、排泄物の内容物、推定巣立ち雛数、そして巣箱の状況等を記録し、修理、更新が必要ならその場で実施します。

Nestcleaning6579

写真の様な開けた場所ばかりでなく雑草を踏み分けながらイノシシの踏み分けた獣道を辿る巣箱もありました。

電柱の上り下りは特殊な木登り治具で命綱を付けてやりますが、最近はポール式も有る様です。

Nestcleaning6553

5mの足場パイプ(単管パイプ)に巣箱を固定し、パイプクランプで上下2箇所を固定する方法です。ラチェット1つで外せて倒せば良い方法です。倒し方に注意が必要ですが、場所によっては簡単で安全な方法です。

AM9時集合で、小一時間の昼食を入れてPM3時半に作業終了。我が組で掃除が出来た巣箱は11個でした。

巣箱の内容物には多々勉強させられましたが、思わぬ珍客にも会いました。

Musasabi6556

私が登ろうとした電柱に掛けられた巣箱を見た当日の唯一の女性の参加者であったUさんが、「あっツ!ムササビが!」と教えて下さり、「写真を撮ったら!」とカメラを渡して下さった。

巣箱を覗くとこちらを覗くムササビの可愛い顔が。

Musasabi6559

表丹沢の新茅荘の裏の巣箱で会って以来、十数年ぶりの再会です。飛ぶかなと思っていたら支柱のワイヤーを伝って檜の林の中に退避して行きました。

Musasabi6563

巣箱を開けると檜の皮を敷き詰めたお椀の様な巣が有り、皆で相談してそのままにしておくことにしました。ブッポウソウではありませんが、ムササビは日本の固有種でもありいずれ希少動物になるには違い有りません。

今回の掃除で驚いたのは排泄物の中身です。支部のYさんの話では、ブッポウソウの排泄物自体は自然界では小さな昆虫やバクテリア等によって分解され、巣の中でいずれは消滅するものなのだそうです。

しかし、今回の巣の中の残滓にはいろいろなものが含まれていました。

Buppousounestcleaning

上は巣の中にあった排泄物を含む残滓です。綺麗なものでは決して御座いませんが、写真をクリックし拡大してご覧下さい。

 表層にカタツムリの殻が山積しています。殻が割れている形跡はありません。巣立ち間際の雛が食べたのでしょうか?それとも飲み込んで消化して殻だけ吐き出したのでしょうか?分かりません。

 タマムシをはじめとする甲虫類の羽根のかけらに交じり、瀬戸物の欠片が散見されます。雛が胃の中から吐き出したものでしょう。

 巣立ち間際のブッポウソウの雛の死骸です。複数の雛が巣立って行った巣箱に残された1羽の雛の残骸です。自然の厳しさを感じさせる光景でした。 その他、どうしたものか、コゲラの羽がありました。

 悲惨な状態の巣箱でした。親鳥大に育った巣立ち間際の雛の死骸です。それも2羽。灰色の大きな嘴と脊椎骨が残り、周りには青い風切羽が散乱していました。

ここ数年、岡山の郷里に帰省しては、撮影に赴いていたブッポウソウでしたが、今回、巣箱の掃除に参加して初めて生態系の一部を垣間見ることができ、貴重な経験をさせていただいたと思っています。

あの綺麗なブッポウソウとの来年の再会を期待して

参考: 「ブッポウソウの巣箱掃除・整備作業に参加しませんか。」 (日本野鳥の会 岡山県支部)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年10月25日 (金)

雨遊庵から巣立ったシジュウカラ

皆さん大変ご無沙汰しております。ブログに大穴を空けてしまい申し訳御座いません。

このままだと1ヶ月間もブログを空けてしまいそうで過去の在庫の中からシジュウカラの巣立ちを載せることに致しました。今年の5月上旬のことです。

穴空け弁解のために少し話題を外らしますがご勘弁を!

9月中旬に神奈川に帰り、今月の10日には早、郷里岡山の田舎に帰省しました。菜園の農作物の収穫と、来年の野菜類の植え付け準備にです。

菜園は約700㎡ほどの広さが有り、今年は37種の野菜作りに挑戦しました。百姓歴1~2年の素人にしてはマズマズの成績でしたが、春先の遅霜、夏の水不足と猛暑、そして秋口の大雨には少々閉口し、その上、無農薬を唱った素人栽培は思いがけない害虫との戦いでした。

そして気が付けば既に10月も終わろうとしています。

野鳥の情報も余り無く、其処此処に巣を掛けていたコシアカツバメツバメ達ももう南の越冬地に渡って行きました。そして何故か冬鳥のジョウビタキの渡来も少し遅れているようで、未だあの可愛い姿を目にしていません。それに、台風の影響による連日の雨。野鳥撮影はお預けの状態です。

そんな中、何をしてるのかって?

宮部みゆきの江戸物小説を読みふけったり、夢枕獏の釣り小説を再読したり、四国の多度津までイイダコ釣りに連れて行って貰ったりと暇つぶしには事欠きませんが、もっぱら楽しんでいるのは、菜園脇に昨年建てた小屋での手慰みです。

またまた話題が逸れてしまいますが重ね重ねご勘弁を!

昨年、菜園脇に5坪ほどの小屋を作りました。実家の母屋のリホームで不要になった建具や畳を利用して、少し程度の良い小屋にして、一部の内装工作や扉、棚の製作取付、薪ストーブの設置、廃材利用の椅子、テーブルの作成等、木工D.I..Yの手慰みをして楽しんでいます。小屋の名前は「雨遊庵(うゆうあん)」としました。「晴耕雨読」をもじった名前です。入口上には、名を彫ったカヤの木の板の看板も掲げました。下がその全景です。

6518_2

左が「雨遊庵」、右が従前からの農機具小屋です。ちなみに、庵の前にはゴーヤのグリーンカーテンを、小屋と小屋との間には自作のピクニックテーブル、その右には遣り変えたキウイフルーツ(紅妃)の棚があります。手前が菜園で、現在は里芋、牛蒡、葱、大根、蕪、白菜、法蓮草、春菊、ニンニク等を栽培中です。

紹介しついでに庵の中の一部をご披露致しましょう。

4300a_2

入口の自作の木戸。取手は鹿角。上はカヤの板にカマボコ彫りをした「雨遊庵」の看板。

6515a_2]

雨遊庵」の内部です。薪ストーブと照明器具以外は全てリユース品か貰い物か自作品です。・・・・・。そうそう、中央の白い帆布は横浜のIKEAで買ったハンモックです。

鳥撮りに行けない日、菜園仕事の合間、そして雨の日には、文字通りのこの「雨遊庵」で過ごします。ちなみに、ネットで買った1万4千円の冷蔵庫の中には、麦焼酎「いいとも」のパックとビールが入っています。夏の夕刻に近所の幼友達と2人で「いいとも」1パックを空け、気が付けば小屋で夜を明かし、帰宅した幼友達は這って帰ったのか、転んで帰ったのか?翌日身体中に青タンが出来ていたとのこと・・・。  2畳の畳の間と押入れもありますが、トイレと水道(雨水タンクは常設)、とお風呂は残念ながら有りません・・・。

いずれ、農事や手慰みを題材にした『雨遊庵ブログ』でも立ち上げようかとも思っていますが・・・・・。

だいぶ横道に逸れてしまいました。 申し訳御座いません。 本題に入りましょう。

Shijyuukara7906

雨遊庵」竣工に併せて、小屋脇に設置した引き込みの私設の電柱に巣箱を掛けました。 場所が良かったのか、早春には早速シジュウカラが営巣しました。

5月の連休前には雛への給餌用の餌運びと

Shijyuukara7858

巣からの糞運びが

Shijyuukara7879

頻繁に観察されるようになりました。

そして5月5日のこどもの日に、巣箱から落ちるように数羽の雛が巣立って行きました。

2~3羽の雛は荒神様の横の草地の茂みに、一羽の雛は農機具小屋の屋根に、そして、マルチングをした菜園に降り立った雛もいました。

Shijyuukara4366n

周辺には天敵のヘビカラスが居ます。

Shijyuukara4368n

荒神様の切り株の上に止まって、巣から出て(落っこちて)方々に散らばった我が子の行き先を見守るシジュウカラの親鳥。

草むらに入った雛も無事の様です。親鳥が雛の隠れた草むらの上の小枝で囀っています。巣立ったばかりのシジュウカラの雛達は未だ飛べるだけの十分な翼を持ち合わせてなく、数日間は地上で親からの給餌を受けるのでしょう。畑に落ちた雛のその後の行方は探らないようにしました。無事に育ってくれたことと思っています。

巣箱のその後ですが、

Yamagara4720n

6月上旬にはヤマガラが下見をし、それをスズメの番が横取りしようと試みていましたが、巣箱の30mm弱という入口の大きさは、スズメには小さすぎて営巣には不適でした。

巣箱は間も無く掃除をして、来年の営巣に備える積もりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »