« 湾内を飛翔するミサゴ | トップページ | 休耕田のアメリカウズラシギ »

2013年9月20日 (金)

ダイサギの飛立ち

今日の野鳥は広島松永湾の干潟に居たダイサギ(亜種チュウダイサギ)です。

岡山周辺の河川では夏場、チュウダイサギの姿を良く目にします。コサギの数よりは遥かに多く、アオサギと同等の数を数えることができます。

大きな材木が筏で係留されているここ松永湾の干潟でも相当数のチュウダイサギが居て、渚で小魚を漁っていました。

Daisagi2628

上げ潮に乗って遡上して来た小魚を捕食し、干潟が無くなると、安全この上ない格好の待機場所である貯木の上に移動します。

その待機場所への飛び立ちの姿を追いました。

Daisagi2670

Daisagi2686

底を蹴って飛び立ちました。長い脚がバネの役目を担います。

Daisagi2687

いっぱいに羽を広げて巨体を浮かせます。綺麗な姿です。

Daisagi2689

Daisagi2691

写真は白抜け気味ですが、汚れのない純白の羽色は、それは美しいものでした。

|

« 湾内を飛翔するミサゴ | トップページ | 休耕田のアメリカウズラシギ »

チュウダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダイサギの飛立ち:

« 湾内を飛翔するミサゴ | トップページ | 休耕田のアメリカウズラシギ »