« 囀るホオジロの雄 | トップページ | ササゴイ其々の巣立ち雛達 »

2013年7月 7日 (日)

旧城下のササゴイ

今週半ばの帰京を控え、今日は郷里高梁市の市街地で繁殖するササゴイを撮りに出掛けました。

7月に入れば巣立ち雛が観えるはずです。 

市街地の中心部にある幼稚園の園庭に植わった松の大木の枝先に、少なくとも十数番のササゴイが巣を掛けて繁殖します。 

最初から産毛の残った巣立ち雛を掲載するよりも、先ずは、美しい成鳥の姿を載せましょう。

Sasagoi0381_2

新調のD7100でテスト撮影した画像です。 そうです。 D7100のテスト撮影も目的でした。

いつものことですが、「欲しい欲しい」と思っていると、何故かいつしか手元にある。 不思議なものです。

Sasagoi0413_2

やはり画素数が多いと良いもんですね。

Sasagoi0558_2

新機能「撮像範囲の変更」をして、「対DX 1.3x クロップ」で撮ったものを更にアップしてみました。

D7100、今日の感じでは「まあまあ期待通り。」でしょうか。 これから大いに遊べそうです。

Sasagoi0483_2

ところでここの松、強剪定で酷い姿をしていますが、ササゴイと一緒に切り取った枝ぶりは立派なものです。「よくぞこんなに曲がったものか!?」と。

ところでこの園庭ですが、旧備中松山藩の藩校「有終館」の跡地でして、道路に面して瓦を頂いた瀟洒な古い土塀で囲まれています。ササゴイの繁殖時期にはその土塀の上にビニールが掛けられ、糞害から土塀を守る工夫がされており、共存の姿勢が見事です。

|

« 囀るホオジロの雄 | トップページ | ササゴイ其々の巣立ち雛達 »

ササゴイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧城下のササゴイ:

« 囀るホオジロの雄 | トップページ | ササゴイ其々の巣立ち雛達 »