« ササゴイ其々の巣立ち雛達 | トップページ | コノハズクの夜間給餌 ① »

2013年7月11日 (木)

ふる里の森のコノハズク

昨日神奈川に帰って来ました。

帰路一泊して、鳥取は八頭の八東ふる里の森で営巣中のコノハズクアカショウビンを撮る予定をたてていました。

お昼前に現地に到着。実家から3時間強の道程でした。一年振りに訪れた八東ふる里の森は梅雨も明けて晴天です。 

着くや否や、「こらァー!」とか、「おいッ!」とか、管理棟周辺であの館長さんの大きな声が聞こえます。

どうやら整理券を配り、赤色コノハズクを撮影している様です。

早速、12時の組の整理券を発行して貰って、当日2回目の撮影会を待つことにしました。

Konohazuku0694

二手に分かれて道の上からと下から狙います。上の写真は上の道から狙ったものです。羽角はずっと立ててくれていましたが、なかなかこちらを向いてくれない。10分程で下の組と交代です。

Konohazuku0771

立派な顔付です。

Konohazuku0795

下の道路からは見上げです。直射日光が当たり暑くて暑くて、おまけに空抜けで、良い撮影ポイントはありません。 でも、三脚の位置と高さ調整で、なるべくバックに木の葉が入る光軸を探します。そして細かな露出補正をして。 上は、そうやって制限時間内になんとか撮れた写真です。

館長の話では、この子は5年前にここで巣立った赤色コノハズクのハーフだそうです。そう云えばそんなに赤茶色くない。

管理人のお兄ちゃんから、「バンガローのキャンセルが出たので今晩泊まらないか」とお誘いがあり、また、「今晩からコノハのライトアップを始める」とのこと。

早速ホテル予約のキャンセルが出来るか確認しようとしてもここは携帯の圏外。固定電話をお借りして確認すると、何んとキャンセル料無しの当日キャンセルがOKとのこと。ありがたい!流石、いつも利用する楽天です。

と言う訳で、今年初めてのコノハズクの給餌シーンの夜間撮影を楽しむことが出来ました。成果は後日。ご期待下さい。

|

« ササゴイ其々の巣立ち雛達 | トップページ | コノハズクの夜間給餌 ① »

コノハズク」カテゴリの記事

コメント

今日は、連絡ありがとうございました。
コノハズク、昨年とちがって、かぶりのない良いポイントへとまっていますね。

 目も開けて、いいお写真ですね。
こんな写真が撮れたら、嬉しいのですが。

投稿: raito | 2013年7月11日 (木) 20時23分

raito様

コメント有難う御座います。
今年の営巣(巣箱の)場所が良いので期待出来ますよ。
ちなみに巣箱は館長手製の桜の丸太を繰り抜いた手の込んだ代物ですよ。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2013年7月11日 (木) 21時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふる里の森のコノハズク:

« ササゴイ其々の巣立ち雛達 | トップページ | コノハズクの夜間給餌 ① »