« ヒバゴン伝説の森のミソサザイ | トップページ | 我が故郷に居たサンコウチョウ »

2013年5月27日 (月)

営巣準備中のブッポウソウ

4月29日に飛来が確認された吉備中央町のブッポウソウの様子を見てきました。

3箇所の昨年と同じ場所に、既にペアリングが終わった番が、それも昨年と同じ巣箱を物色中でした。偶に巣箱に入るもののすぐに巣から出て来て番の相手とどこかに飛んで行きます。

産卵期を控え、今は特に警戒心が強い時期とのこと。 「巣箱から50mは離れて観察し、同じ場所に20分以上は留まらないこと。」という注意を守って観察、撮影しました。

Buppousou7026

巣箱近くの鉄線に止まるブッポウソウ。拡大トリミングしてあります。

朝からピーカンの天気の下、このブッポウソウを観ると、なぜかあの暑い夏を思い出します。 そう言えば、今居る高梁市は先日33℃の気温日本一を記録したんだっけな。

Buppousou7001

巣箱を覗き込むブッポウソウ。これもまた拡大トリミングした写真です。 巣箱には番号が書かれていますが画像処理で消しました。

地方紙の記事では、この吉備中央町に、昨年は200~280羽のブッポウソウが飛来したとか。先日、広島県民の森に行く途中の豊松の町中でも数羽のブッポウソウを観かけました。地道な保護活動が効果をあげて生息数が増えているのなら嬉しいことですよね。

吉備中央町豊岡の学校のモニターに営巣中の巣箱の中の様子を映し出せる様にカメラが取り付けられた巣箱があります。

Buppousou7000

左手前がその巣箱。 その向こうには巣箱の外側を映すカメラも取り付いています。去年も有ったかな?

その巣箱。 未だ営巣準備に入っていないのか、シジュウカラの番が物色中でした。

Shijyuukara6992

もう一度、観察マナーを。 「巣箱から50mは離れて観察し、同じ場所に20分以上は留まらないこと。」です。

|

« ヒバゴン伝説の森のミソサザイ | トップページ | 我が故郷に居たサンコウチョウ »

ブッポウソウ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しております。ブッポウソウ、まだ見たことはないのですが、毎年同じ場所に来てくれるようになったんですね。酒匂川のコアジサシのように絶滅寸前とは大違いですね。
<湘南の風景と花、鳥 Ⅱ>

投稿: 茅ケ崎 | 2013年5月27日 (月) 20時43分

茅ヶ崎様

吉備中央町の町をあげての保護活動は古くて、なんと町内には200もの巣箱が設置されているようです。
町作成のパンフも、観察資料も充実していて、私がブッポウソウだったとしても、この吉備中央町に渡来したく思うでしょうね。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2013年5月27日 (月) 21時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/57466380

この記事へのトラックバック一覧です: 営巣準備中のブッポウソウ:

« ヒバゴン伝説の森のミソサザイ | トップページ | 我が故郷に居たサンコウチョウ »