« 西表ではキビタキは留鳥 | トップページ | 南のヒヨドリは真っ茶色 »

2013年5月 1日 (水)

綺麗な亜種リュウキュウメジロ

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウメジロです。

熱帯のジャングルを思わせる様な背景の中に、いつもよく見かける可愛いメジロの姿がありました。

Ryuukyuumejiro4513

お腹と脇が真っ白な、綺麗なリュウキュウメジロです。 他の野鳥の大抵の亜種が南に行くほど羽色が濃くなるのに、このメジロの一亜種のリュウキュウメジロは逆に羽色が薄白いのです。

Ryuukyuumejiro4515

口に何かを咥えています。 小さな青虫のようです。

少し背景を写し込みたくてズームアウトしてみました。

Ryuukyuumejiro4516

後ろの大きな葉はクワズイモの葉っぱです。 道の脇に普通に生えていて、観葉植物として利用されるだけに綺麗ですが、名の通り毒性があり食用にはならないそうです。

そんなクワズイモにも花言葉があり、「仲直り」「復縁」だそうです。

|

« 西表ではキビタキは留鳥 | トップページ | 南のヒヨドリは真っ茶色 »

リュウキュウメジロ」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 綺麗な亜種リュウキュウメジロ:

« 西表ではキビタキは留鳥 | トップページ | 南のヒヨドリは真っ茶色 »