« ハクセキレイの亜種 ③ | トップページ | 八重山のカンムリワシ (最終) »

2013年5月10日 (金)

アトリ他、その他八重山の野鳥

今日の八重山の野鳥は、タイトルの様に、アトリ他、その他八重山の野鳥です。

今回の『八重山紀行』では本土で観られる野鳥も沢山観ることが出来ました。今日は八重山の野鳥の終盤に近付いたこともあり、それらの一部の野鳥をご紹介いたします。

先ずは、西表で宿泊したホテルの近くの、民家の植え込みに居たアトリです。

Atori4897

冬羽のアトリです。棲息分布の広い野鳥ですね。

次は、セッカです。

Sekka5551 Sekka5571

例の「珍鳥牧場」手前の草むらに居ました。いつ見ても可愛い鳥ですね。

次はアオサギ。1月初旬には田植えを終えると言われる青々とした稲が伸びた水田に居たアオサギです。

Aosagi4455

喉の黒い筋羽根も見えない真っ白い首をした綺麗なアオサギでした。

次はアマサギ

Amasagi6149

八重山は牧場が多く、黒毛和牛が沢山飼育されています。その牛の背中の上に止まって居たアマサギも見かけましたが、そこはツアーバス。止まってはいただけません。バスの窓越しに撮ったイマイチの写真です。

次はシロハラ

Shirohara5001

本州中部以南に多いと言われますが、岡山の実家の菜園にもつい先日まで居て楽しませてくれましたが、八重山でもよく見かけました。

次は、

Mahiwa6093

何と、マヒワの群れでした。 120、30羽の群れが、2羽のカンムリワシが居る広々とした畑地を飛び回っていました。

そして最後は、亜種ハチジョウツグミです。

Hachijyoutsugumi4481

低速走行中のツアーバスの中から撮った亜種ハチジョウツグミです。残念ながら特徴の脇腹が写せませんでした。 少し薄色の羽色に、「六畳」とか「四畳半」とか、いつもの例のジョークが飛び出していました。

|

« ハクセキレイの亜種 ③ | トップページ | 八重山のカンムリワシ (最終) »

アトリ」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アトリ他、その他八重山の野鳥:

« ハクセキレイの亜種 ③ | トップページ | 八重山のカンムリワシ (最終) »