« アトリ他、その他八重山の野鳥 | トップページ | ツバメの巣作りはリホーム »

2013年5月11日 (土)

八重山のカンムリワシ (最終)

ほぼ1ヶ月も八重山の野鳥シリーズを継続してきましたが、本日で最後です。 拙い写真と文面に拘わらず、毎日多くのアクセス、大変ありがとうございました。

この『八重山紀行』の最後を飾って、再々度、八重山を代表する猛禽のカンムリワシを掲載いたします。

Kanmuriwashi5758

電柱の天辺で獲物を探すカンムリワシの成鳥

Kanmuriwashi6081

時々目が合ったりしますが動じません。こちらもです。

Kanmuriwashi5979

幼鳥ですが鋭い目付きです。

Kanmuriwashi5235t

これはグラウンドで、向かって駆け寄ってくる成鳥のカンムリワシ

飛翔写真を2枚

Kanmuriwashi6445 Kanmuriwashi5634

上は幼鳥ですが羽根はボロボロでした。

今回初めてYBのバードウォッチングツアーに参加しましたが、卓越したツアーガイド(お二人)と素晴らしい同行の参加者の皆さんに恵まれ、楽しいツアーを経験することができました。この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

また、このツアー用に新調しましたSIGMAの望遠ズームレンズ「SIGMA DG 150-500mm 1:5-6.3 APO HSM」のコストパフォーマンスを通り越した性能に満足したツアーでもありました。

Shiisaa4623 

竹富町子午線ふれあい館の屋根のひょうきん顔のシーサー

Wing6677

次回はゆっくりと撮影ツアーに来たいとしきりに思いました。

|

« アトリ他、その他八重山の野鳥 | トップページ | ツバメの巣作りはリホーム »

カンムリワシ」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八重山のカンムリワシ (最終):

« アトリ他、その他八重山の野鳥 | トップページ | ツバメの巣作りはリホーム »