« 南のヒヨドリは真っ茶色 | トップページ | 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 »

2013年5月 3日 (金)

亜種リュウキュウサンショウクイ

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウサンショウクイです。

リュウキュウサンショウクイは、南西諸島では留鳥で、今回行った石垣島、西表島ではよく見かけました。

Ryuukyuusansyoukui3755

小雨の降る朝、石垣島のバンナ公園の駐車場の前の木で撮りました。

Ryuukyuusansyoukui3772

亜種サンショウクイと比べると、やはり黒っぽい羽色をしています。

Ryuukyuusansyoukui6404

こちらは西表で撮った亜種リュウキュウサンショウクイです。 胸が黒っぽく、頭の前の白色部がかなり小さいのが分かります。 羽色からして、この子は雄の成鳥のようです。

西表島では哺乳類の亜種まで観察することができました。

Ryuukyuuinoshishi5521

リュウキュウイノシシです。 ニホンイノシシよりも小型で体長1mほど。亜熱帯地方に生息し餌が豊富なことからか、繁殖期は春と秋の2回だそうです。  

|

« 南のヒヨドリは真っ茶色 | トップページ | 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 »

リュウキュウサンショウクイ」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜種リュウキュウサンショウクイ:

« 南のヒヨドリは真っ茶色 | トップページ | 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 »