« 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 | トップページ | 幅広ネクタイのイシガキシジュウカラ »

2013年5月 5日 (日)

多かったリュウキュウキジバト

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウキジバトです。

八重山ではリュウキュウキジバトをよく見かけました。 道路脇の電線にもよく止まっていて、キジバトには悪いのですが、チュウダイズアカアオバトを期待して探しているので、「なあーんだ、キジバトか。」のセリフが横行していました。

Ryuukyuukijibato5641

枯れ木の天辺に止まる亜種リュウキュウキジバト。 全体に茶色掛かっている羽色です。

Ryuukyuukijibato5639

西表の牧場では、牛舎脇の大王松の枝先にリュウキュウキジバトの群れが止まっていました。キジバトがこんなに群れているのは初めて観ました。

西表では珍しい昆虫を見せてもらいました。

Iwasakikusazemi5409

葉っぱの裏にセミが3匹固まって止まっているのが分かりますか? 体長2cm程の日本に生息するセミでは最小のイワサキクサゼミだそうです。

あそこに居ると教えてもらっても、小さくて、見つけるのに四苦八苦しました。

実はこのイワサキクサゼミサトウキビ等の農作物に被害を与える害虫だそうです。

|

« 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 | トップページ | 幅広ネクタイのイシガキシジュウカラ »

リュウキュウキジバト」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多かったリュウキュウキジバト:

« 亜種オサハシブトガラスは小型の烏 | トップページ | 幅広ネクタイのイシガキシジュウカラ »