« 亜種リュウキュウサンショウクイ | トップページ | 多かったリュウキュウキジバト »

2013年5月 4日 (土)

亜種オサハシブトガラスは小型の烏

今日の八重山の野鳥は、亜種オサハシブトガラスです。

聞いてはいましたが、八重山で観る亜種オサハシブトガラスは、ハシブトガラスの亜種なのに額も出ていなく、南の亜種の特徴として小型化しています。

Osahashibutogarasu5508

比較は出来ませんが、嘴もやや細めでしょうか?

Osahashibutogarasu5513

両島内での生息数は多く、其処かしこで見かけましたが、なぜかデイゴの木に止まる姿がよく目にとまりました。

下は、デイゴの花です。 ご存知のようにデイゴは沖縄県の県花で春から初夏にかけて赤い花を咲かせます。南洋のマメ科の植物で沖縄県が北限だそうです。

Deigo5420

強烈な印象のデイゴにも花言葉があり、「」だそうです。良いですね。

|

« 亜種リュウキュウサンショウクイ | トップページ | 多かったリュウキュウキジバト »

オサハシブトガラス」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜種オサハシブトガラスは小型の烏:

« 亜種リュウキュウサンショウクイ | トップページ | 多かったリュウキュウキジバト »