« 飛び交うリュウキュウヨシゴイ | トップページ | 珍鳥インドハッカ »

2013年4月18日 (木)

エッ?まさかのキンバト

今日の八重山の野鳥は、キンバトです。

どこかのお婆さんの家の庭先に出て来るキンバトが有名だったのはとおの昔。数も少なくなったのか、今回のツアーの案内の中にもキンバトの名前は有りませんでした。

石垣島二日目の朝は小雨でスタート。雨宿りで入った公園施設の坪庭にキンバトが居ました。

Kinbato3835

植え込みのツワブキの陰から出てきたキンバト。雌鳥のようです。雨に濡れ写真で見た鮮やかさはありません。

Kinbato3866

小さな坪庭でズーム小端の150mmでもなかなかピントが合いません。 キンバトは大人しく一向に逃げようとはしません。 どこか変です。

Kinbato3868

写真には写していませんが、左の翼の羽がめくれています。 ガラスの壁にぶつかって左翼を痛めたようでした。 ツアーガイドさんの話では、朝方ガラス壁にぶつかり左翼を痛めたのでしょうが翼は折れてはなくしばらくすると回復するだろうとのこと。

キンバト君には悪いのですが、お陰様でめったに見えないキンバトを至近距離で観察するという幸運に恵まれた雨の日でした。

この「八重山紀行」のツアーの間に、マイクロバスの中からですが、キンバトを数回目にしました。写真に収めるなんてのは神業でしょうね。ちなみにキンバトの英名は、そのエメラルド色の羽色から Emerald Dove 、そして、キンバトは国の天然記念物です。

下は、パパイアです。

Papaya4614

刺身のツマにはこの青いパパイアが使われていました。

花言葉もあり、「燃える思い」「純愛」とか。

|

« 飛び交うリュウキュウヨシゴイ | トップページ | 珍鳥インドハッカ »

キンバト」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エッ?まさかのキンバト:

« 飛び交うリュウキュウヨシゴイ | トップページ | 珍鳥インドハッカ »