« 外来種インドクジャク | トップページ | 綺麗な亜種リュウキュウメジロ »

2013年4月30日 (火)

西表ではキビタキは留鳥

今日の八重山の野鳥は、亜種リュウキュウキビタキです。

ツアー最終日。 早朝探鳥に出掛けた山合の小道で、ガイドさんがリュウキュウキビタキを呼び出してくれました。

Ryuukyuukibitaki6630

薄暗い茂みの中から飛び出したリュウキュウキビタキのオスの成鳥です。 あちこち飛び回り、なかなか明るい所には止まってくれない。やっとの思いで撮影しました。

Ryuukyuukibitaki6644

キビタキと比べると羽色も薄く、写真には写せませんでしたが背中の羽根は緑色みを帯びています。そしてなにより鳴き声は短く、キビタキほどの美声ではありませんでした。

下は、亜種リュウキュウキビタキの居た薄暗い山合の小道に生えていたゲットウ月桃)の綺麗な花です。

Gettoh6626

ショウガの仲間で、サンニンを含む香り高い植物だそうです。 昔はこの葉っぱでお餅を包んだそうで、いい匂いがしたとは石垣生まれのガイドさんの話でした。

ゲットウの花言葉は、「爽やかな愛」です。

|

« 外来種インドクジャク | トップページ | 綺麗な亜種リュウキュウメジロ »

リュウキュウキビタキ」カテゴリの記事

石垣・西表島」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西表ではキビタキは留鳥:

« 外来種インドクジャク | トップページ | 綺麗な亜種リュウキュウメジロ »