« 久し振りのヒレンジャク | トップページ | 手強いチョウセンチョウゲンボウ »

2013年3月18日 (月)

我が家のシジュウカラ

今日の野鳥は我が家のシジュウカラです。

といっても鳥籠に入れて飼っているわけではありません。 毎年、庭のイヌマキの木に掛けた巣箱を利用して繁殖する家族同然のシジュウカラ夫妻のことです。

Shijyuukara7410

本日の県西部地方の天気予報は午後から雨。朝からの強風に、家でWBCの準決勝を観ることにしました。 お出掛けは無しです。

0-3で少しつまらなくなって庭を観ると、巣箱に、それも番でシジュウカラがやって来ているではありませんか。

Shijyuukara7412

昨年掃除をしておいた巣箱を点検に来たのでしょうか。

Shijyuukara7507

暫くして、イヌマキの側のシダレモミジの枝に、巣材の苔を咥えたシジュウカラが帰って来ました。

Shijyuukara7469

巣作りの始まりです。 茶の間のカミサンから「入ったよ!」との大声。こちらから「こっちも入ったよ!」の返事。 やっと侍ジャパンに点が入り、1-3になり、 こちらはシジュウカラが巣材を咥えて巣穴に入った報告です。

Shijyuukara7511

この分だと、5月の下旬か6月中には巣立ち雛が観えるでしょうが、今年も無事に子育てを終えてくれるでしょうか。隣の神社のクスノキの大木に巣を掛けたハシブトガラス、近所の放し飼いのネコどもにいたずらされないかと心配です。

ところで、巣箱の入口の形状に気付かれましたかな? 穴の下を少し工作してあります。詳しくは、瑞鳥庵HOMEPAGE「巣箱入口形状の考察(シジュウカラ編)」をご覧ください。

侍ジャパン。よく頑張りました。

|

« 久し振りのヒレンジャク | トップページ | 手強いチョウセンチョウゲンボウ »

シジュウカラ」カテゴリの記事

コメント

今日は、フィールドでお世話になりました。
ブログを拝見させていただき、鳥が好き!伝わってきます。フィールドでいろいろお話を聞かせて頂いたおりのお写真を拝見し、うらやましくもありました。
 あれから、チョウゲンボウはやってきたのでしょうか。

投稿: raito | 2013年3月19日 (火) 20時07分

raito様

お疲れ様でした。
近場ですので16:30まで居りましたが、
あれからは出て来てくれず2、3人を残して皆で撤収致しました。
「手強いチョウセンチョウゲンボウ」のタイトルで本日の拙い写真を載せましたので見てやって下さい。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2013年3月19日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のシジュウカラ:

« 久し振りのヒレンジャク | トップページ | 手強いチョウセンチョウゲンボウ »