« ダム湖畔のアオジ | トップページ | ジョウビタキの縄張り侵犯 »

2013年2月 9日 (土)

白目のノスリ

親父逝去の後始末をする中で、昨日は、森林組合の出資証書が出て来て、近くの森林組合に名義変更に行きました。僅かばかりの山地(森林)を相続することになりましたが、当の山林は当分の間手を入れていない檜の山だそうです。

町の森林組合の事務所は既に他地域と統合されていて、車で20分程の市内にある支所で手続きをすることになりました。その帰りに、市内(町内)の西の外れにある私が過去に探した探鳥スポットを見て回ることに致しました。

一つの理由が、先日、隣の市にあるダム湖畔にミヤマホオジロを撮りに行った帰りに、失態を犯し、テレコンをアスファルトの路面に落としてしまいました。外観的なダメージとしてはプラスチックのフロントキャップに亀裂が入っただけでしたが機能的な確認は出来ていません。その確認のためにどうしても早めの撮影が必要だったのです。

回りまわって我が町内にある別のダム湖畔の小さな公園にたどり着きましたが、何と其処にはあのミヤマホオジロのオスが5、6羽も広場の芝生の上で採餌しているではありませんか! 実家から車で15分も掛からない近場です。

機材を取り出して待つこと数分。 流石にミヤマホオジロの群れは戻って来ません。 しかし、対面の欅の木の枝に猛禽が止まりました。 ノスリです!

Nosuri8497

テレコンの調子は問題ないようです。

Nosuri8502

こちらを向いてくれましたが枝被りです。

Nosuri8503

しばらくして飛び立ちました。 

連写をしましたが、

Nosuri8504

ノスリの目が白目?です。

拡大してよく見ると、

Nosuri8504z

喉元に小枝が当たっていて、目の保護のために瞬膜を閉じた瞬間でした。 

猛禽類はヒナに給餌をする際に、ヒナの嘴で眼球をつつかれない様に瞬膜を閉じたり、獲物を狙って急降下する際に、目のゴミを払う目的で瞬膜を開閉することがあるそうです。

しかし、この近場のダム湖畔は探鳥の穴場のようです。ルリビタキコゲラジョウビタキの姿が見え、アカゲラのドラミングの音が聞こえていました。 近々再挑戦です。

|

« ダム湖畔のアオジ | トップページ | ジョウビタキの縄張り侵犯 »

ノスリ」カテゴリの記事

コメント

まいど こん○○は・・・

ん~~ん、今度帰省したらジックリ観察してみる事にします。

投稿: kent | 2013年2月13日 (水) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白目のノスリ:

« ダム湖畔のアオジ | トップページ | ジョウビタキの縄張り侵犯 »