« ジョウビタキの縄張り侵犯 | トップページ | 帰京翌日はアリスイ »

2013年2月11日 (月)

別のダム湖畔のミヤマホオジロ

野鳥図鑑が「関西に比較的多い」と記載するだけあって、ここ岡山西部の山間地にはミヤマホオジロが豊富です。

先日行った我が町内のダム湖畔の広場にも数羽の群れが居て、その中には顔面の黄色が目立つオスが5、6羽居ました。

Miyamahoojoro8509

黒、黄、白の模様が一段と鮮やかなオスの個体です。 頭頂の黒い換羽も立派です。

Miyamahoojiro8649

草地に落ちた種子を採餌しているのでしょうが、近づいてもなかなか飛び立ちません。

Miyamahoojiro8633

留鳥のホオジロと一緒に採餌中でした。

明日は新築の小屋の窓に貰ったブラインドを取り付けて、晩酌のつまみに、山裾に芽を出した蕗の薹でも採るつもりです。

|

« ジョウビタキの縄張り侵犯 | トップページ | 帰京翌日はアリスイ »

ミヤマホオジロ」カテゴリの記事

コメント

ミヤマホウジロも、旅立つ前に観察したいのですが・・・ナカナカ出会えません。

当面は、故郷に滞在されているのでしょうか?
H市に戻られ、野鳥観察会の活動をされるようであればご一緒させて頂ければと考えています。

投稿: kent | 2013年2月13日 (水) 23時47分

Kent様

沢山のコメント有難う御座います。
間も無く冬鳥も北へ帰り始める時期ですね。

親父の四十九日の法要も来週末には済ませ、来月早々にはH市に帰る予定です。


MFにもウソ等が入っている様ですので、是非ご一緒致しましょう。

投稿: 瑞鳥庵の住人 | 2013年2月14日 (木) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 別のダム湖畔のミヤマホオジロ:

« ジョウビタキの縄張り侵犯 | トップページ | 帰京翌日はアリスイ »