« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月29日 (火)

親父と観たイソヒヨドリ

久し振りのブログ掲載です。

1月に入り小雪の舞う日が続いています。 部屋の出窓から見える別棟の屋根瓦の上に少し大型の鳥が止まりました。イソヒヨドリのメスです。 

Isohiyodori3678 

帰省して親父の介護をする日課に、車椅子に乗せて山間部の小さな町の一角を散歩する日課がありました。親父の好きだった川でスッポンアユを観るのも、コシアカツバメの巣作りを眺めるのも、夏の夜にホタルの乱舞を見るのもその散歩の産物でした。

いつぞや、電線に止まったツバメの群れを追い散らす鳥が居ました。 綺麗な声で鳴いて、すぐにイソヒヨドリだと分かりましたが、親父には初めての野鳥だった様でした。 難聴気味の耳には、あの綺麗な鳴き声は聞こえなかったのではと思いますが、今まで見たことのない鳥だと言っていました。山間部の小さな町にも生息域を拡げて来たようです。

その親父も、お世話になった介護の方たちの努力や主治医の先生たちの献身的な治療の甲斐無く、今月13日の未明に逝ってしまいました。

Isohiyodori3675_2

イソヒヨドリが我が家を訪れたのは親父の初七日を終えた翌週でした。 小雪の舞う中、屋根の鬼瓦の天辺で一声さえずって行きました。

( Photo by Nikon Coolpix P510)

Kirikodachi

出窓から見える鎮守の森

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

岡山のキクイタダキ

正月早々、新年の挨拶と一緒に関東周辺の鳥情報が入ってきます。

MFの一つの山の公園ではウソ(多分アカウソ)の当たり年とか。 そして富士五湖の一つ、山中湖では既にレンジャク(多分ヒレンジャク)がやって来たとか。 例年になく盛況な野鳥の出現状況です。

その中で、今シーズンは方々でキクイタダキが見えているそうです。

ここ岡山でも、年の瀬に訪れたダム湖の公園でキクイタダキを見掛けました。

Kikuitadaki7685

よく目にするのは針葉樹の枝先か常緑広葉樹の枝先ですが、枯れ葉が絡んだ落葉樹の枝先に小さなキクイタダキが止まっていました。

Kikuitadaki7688

枯葉に付いた虫でも探していたのでしょうか。

Kikuitadaki7690

頭頂の菊の花びらを見せてくれた後、すぐさま藪の中に飛んで行きました。岡山でも今年は多いのでしょうか?

Yamamayuga

公園の広場の桜の木に一際目を引く繭がぶら下がっていました。 ヤママユガウスタビガの繭です。外側に卵も付着しています。 繭の中は既に空っぽで、繭の形が、藁を編んで作ったむしろを二つ折にした袋の「かます」に似ていることからツリカマス(吊りかます)と呼ばれるそうです。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

2013newyearcard

謹賀新年

皆様の益々のご健勝をお祈り申し上げます

旧年中の当ブログへのアクセスに深謝致しますとともに、本年も何卒宜しくお願い申し上げます

そして、今年も素晴らしい野鳥達を前に数多くのシャッターが切れます様に

2013年 元旦

瑞鳥庵の住人   

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »