« 紫式部の実を啄ばむ目白 | トップページ | 冬の水場の常連、白腹 »

2012年11月16日 (金)

梅林に潜む鵟

先日のMF巡りからの帰り、畑中の県道を走っていると、すっかり葉を落とした梅林の中に白い物体を確認しました。 脇道に駐車し、双眼鏡で確認すると、紛れもないノスリです。ムクドリスズメの群れが止まる梅林の中の徒長枝で込み合う枝に止まっています。

Nosuri4448

ゆっくり近付きカメラを構えますが枝が被って写せません。 何とか顔だけは写せる位置を確保してシャッターを切りましたが、駄目でした。

ケアシノスリかな?と疑う様な白い体色をした個体に見えましたが、顔の鼻髭状の黒褐色斑と尾羽は紛れも無いノスリです。

ノスリは留鳥(一部が冬鳥として渡来)だそうですが、里山でこの姿を目にしだすと冬の到来を予期します。

下は、梅林から飛び出して飛翔する姿です。

Nosuri4453

Nosuri4454

ノスリの漢字は鵟(狂に鳥)の一字。 何故こんな字になったのか、今一理解出来ませんね。

|

« 紫式部の実を啄ばむ目白 | トップページ | 冬の水場の常連、白腹 »

ノスリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅林に潜む鵟:

« 紫式部の実を啄ばむ目白 | トップページ | 冬の水場の常連、白腹 »