« 水場では珍しい?コガラ | トップページ | ブログ初掲載のキジバト »

2012年11月28日 (水)

水場では珍しい?ヒガラ

帰省している岡山の山間部も急に冷え込み、今朝方は霜が降りました。 間も無く師走。 冬の訪れを感じます。

今日の野鳥は、そろそろ種切れになってきた山の公園の水場にやってきた野鳥の続きですが、カラ類の中でも最も小さなヒガラです。 このヒガラも、コガラ同様にこの水場では珍しいお客さんで、毎年見られる種ではありません。

シジュウカラエナガの群れに混じり、水場にやって来て水浴びをしていきます。

Higara6653

やって来るとすぐに水盤に浸かり水浴びを始めますので、ずぶ濡れの姿になる前に写真に収めます。

Higara6656

特徴である黒い冠羽と大きな涎掛け(エプロン)を写し込めましたが、やって来たのは、殆どのカメラマンが引き上げた後の午後3時半過ぎで、陽が落ちかけて薄暗くなる寸前でした。

Higara4810

2日目に撮った写真ですが、こうやってみるとエプロン結構大きいですね。 私の300mm F4のレンズに興味があるのでしょうか、こちらを凝視しています。 一応、EDレンズですが・・・。

ここの水盤には常時給水がされており、オーバーフローが雫となって1.2m程下の地面に滴り落ちています。ヒガラは水盤よりもその雫の落ちる「滝壺」が好きで、時々、横に誂えられた「お立ち台」に止まってくれます。

Higara5816

これはそのお立ち台での写真ですが、ある常連さんは、滝壺での水飲みの光景を「打たせ湯に浸かっている」と、大変上手く表現していました。

|

« 水場では珍しい?コガラ | トップページ | ブログ初掲載のキジバト »

ヒガラ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水場では珍しい?ヒガラ:

« 水場では珍しい?コガラ | トップページ | ブログ初掲載のキジバト »