« 冬鳥ジョウビタキ到来 | トップページ | 紫式部の実を啄ばむ目白 »

2012年11月 1日 (木)

今度の放鳥は11月4日

月日が経つのは早いものでもう11月。 ブログを空けていますので少し焦っています。

表題を見てお分かりでしょうが、岡山後楽園でのタンチョウの放鳥がこの4日(日曜日)のAM9:00から予定されています。 今年最後の放鳥です。

先のブログを見てくれた在京の鳥友達から、「関東圏ならカメラマンが殺到するところですね。」とのコメントをいただきましたが、11月4日は連休の一日、園内の木々も色付いて、もし天気が良ければ多くの観光客とタンチョウ撮影者で賑わうことでしょう。

今回私は行きませんが、4日の放鳥を前にして前回の在庫写真で放鳥の様子をご披露したいと思います。

Tanchou3739

先ずは放鳥当日の撮影者の数。 ゆうにこの3倍は居られました。

Tanchou3814

放鳥されたタンチョウ2羽は、園内の池の周りを周回しますが、すぐに芝生に降り立ち採餌を始めます。

そこを大勢のカメラを持った人達(あえてカメラマンとは呼びません)が囲みます。もちろん、日本三大庭園の一つですので芝生に入ったりする人は一人も居ません。

単焦点のデジタル一眼レフを構えたハイアマチュア。 デジカメのおばさん。 後ろでは携帯、スマホ。 三脚で構えていたセミプロさんはおばさんに邪魔されています。 そして、カメラを持たずただただ肉眼で観察される人達。

当のタンチョウ達ですが、芝生に降り立ち採餌を始めたら二度と飛び立ちません。 これでは観光放鳥の意味が有りません。

そこで、飼育員の方達が2羽のタンチョウに寄り添い、歩かせて飛び立ちのタイミングを作ります。

Tanchou4183

Tanchou4184

Tanchou4185

得意の連続写真が始まりましたが、ご辛抱下さい。

Tanchou4186

Tanchou4188_2

急に一羽が飛び立ちました。

Tanchou4189

28-85mmの広角ズームで狙っていましたが、私の目前に舞い上がりました。

Tanchou4190

最早画角内には入りません。

Tanchou4191

ワーオ!

本場北海道でも野外でこんなに近くで見るのは不可能でしょう。 この時は散策路の垣を超えて隣の芝生に移動しただけでしたが、この後、飼育員伴走での飛び立ちシーンが見えました。 

Tanchou4222

よーいドン! で助走の開始です。

Tanchou4233

5、60mほど駆けて飛び立ちです。 この日は計8回?ほどの判走。 飼育員の方、お疲れ様でした。

11月連休。今からでも遅くありません。 岡山後楽園でのタンチョウの放鳥。 朝9時から。 入園料大人一人400円 (ちなみに駐車料金 1時間 100円の割安)です。 私、後楽園の回し者ではありませんが、お薦めの放鳥です。 

|

« 冬鳥ジョウビタキ到来 | トップページ | 紫式部の実を啄ばむ目白 »

タンチョウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/555434/56020372

この記事へのトラックバック一覧です: 今度の放鳥は11月4日:

« 冬鳥ジョウビタキ到来 | トップページ | 紫式部の実を啄ばむ目白 »