« 三番瀬の秋のシギチ | トップページ | 小鷺鯔を捕食するの巻 »

2012年9月20日 (木)

久し振りのアカアシシギ

今日の野鳥は、9月の9日、三番瀬の帰りに寄った東京湾の野鳥スポット葛西臨海公園・鳥類園で撮ったアカアシシギです。

以前、7年前の初夏、道東は野付半島の取っ付きの原生花園の牧柵の下で繁殖しているアカアシシギを撮ったことがありますが、それ以来です。

鳥類園の奥の方で採餌していたアカアシシギがやっと目の前に出て来てくれましたが逆光です。露出補正をしても眼にアイライトは出てくれません。

Akaashishigi3579

既に冬羽に換わったのか、幼鳥なのか、あの野付で見かけた嘴と脚が真っ赤なアカアシシギ成長夏羽とは違いかなり地味な色合いでしたが、紛れも無いアカアシシギです。

Akaashishigi3604

Akaashishigi3614

踵の付近の灰色は泥の汚れ?それとも脱皮中?良く分かりません。

Akaashishigi3627

それでもやはり脚は赤く、7年ぶりのアカアシシギでした。

7年前の道東野付でのアカアシシギ撮影のひとコマ:(瑞鳥庵HOMEPAGE より)

2005年6月
北海道野付半島
トドワラに向かう道の右手の古びた牧柵の近くで営巣しているようでした。原生花園は侵入者から保護されており、初老のご夫妻と一緒に道端に並んでエクステンダーを装着しての撮影です。道東での繁殖が初認されたのは約30年前だそうです。

|

« 三番瀬の秋のシギチ | トップページ | 小鷺鯔を捕食するの巻 »

アカアシシギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久し振りのアカアシシギ:

« 三番瀬の秋のシギチ | トップページ | 小鷺鯔を捕食するの巻 »