« 奥庭の小鳥達 | トップページ | 冬羽のオバシギ三羽 »

2012年9月15日 (土)

オオソリハシシギの綱渡り

先週の9月10日に再度、郷里岡山の田舎に帰省しました。今度も親父の介護や菜園での秋、冬もの野菜の植え付け、作業小屋の建て方などで滞在は少し長くなりそうです。

と言う訳で、郷里に発つ前日、近所の鳥友達(と言っても、私、瑞鳥庵の住人とは親子ほど年が離れた好青年)のK君と一緒に東京湾の探鳥地を巡りました。

お目当ては秋の渡り途中のシギチ。場所は三番瀬と葛西臨海公園鳥類園です。

K君はここの所、仕事で中国出張とかが多くて、以前のようになかなか一緒に鳥撮りには行けません。久し振りの野鳥撮影行です。

Oosorihashishigi3013

着いた三番瀬はちょうど上げ潮。 渚に夏羽の残る大型のシギオオソリハシシギ2羽が観えました。

三番瀬海浜公園は東日本大震災による被災箇所の修復工事が進められており一部施設の利用制限ががかかっていますが、今春4月に開園されました。しかし、賑わっていたプールは被災のため廃止され、この日も鳥観の客と潮干狩りの客だけで閑散としていました。

少し長くなりました。

今日の野鳥は夏羽の残るオオソリハシシギです。

Oosorihashishigi3008

渚に立止まり長い大きく上に反った嘴で何かを探しています。

Oosorihashishigi3009

見事、イソメを取り出しました。

Oosorihashishigi2911

前にも書きましたが、シギ類の嘴は先端まで筋も神経も通っているようで、偶に先端を下に曲げました。上に反って下に反る。 面白いのですが・・・気の利いた文章が出てこない。

Oosorihashishigi3084

潮が満ちてくると、大型のシギ達は沖合いに張られたネットの支柱の上に退避し干潮を待ちます。このオオソリハシシギ達も退避をしましたが、そのうちの一羽が隣の支柱に移りたいのかネットの上を渡り始めました。飛べば良いものを、わざわざ綱渡りです。

そこで一句。

大反りの 鴫が渡るよ 綱渡り 

駄作!

|

« 奥庭の小鳥達 | トップページ | 冬羽のオバシギ三羽 »

オオソリハシシギ」カテゴリの記事

短歌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オオソリハシシギの綱渡り:

« 奥庭の小鳥達 | トップページ | 冬羽のオバシギ三羽 »