« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月23日 (日)

活発に動くアオアシシギ

今日の野鳥は2週間前に葛西臨海公園の鳥類園で撮ったアオアシシギです。

Aoashishigi3103

少し大型で、比較的長い、そして、少し上に反った嘴を持つアオアシシギですが、青足鴫の名の様に青い脚をしていると言うより、グレーまたは少し黄色っぽい緑青色をした脚色をしています。

汐入の池に冬羽に換羽中の数羽のアオアシシギが居て、採餌に歩き回っていました。

このアオアシシギ、他のシギチに比べ何時も活発で、

Aoashishigi3130

水面を飛び跳ねたり、

Aoashishigi3131

派手に水面を突っついて見たり、

Aoashishigi3135

小魚を追い駆けたりと、動きのある写真にはもってこいです。

Aoashishigi3204

このアオアシシギは英名で Common Greenshank と言います。 訳せば 「緑色のすねをした鴫」となりますが、洋の東西は異なっても、だいたい鳥の名前の付け方は同じようなものですね。 Blueshank とは言わないのも和名と逆で面白いですね。

グリーン(Green)周りでシャンク (Shank)は下手なゴルフでのプレーのことですよね。 これじゃバーディー(Birdie)は無理でしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月22日 (土)

背伸びをするセイタカシギ

今日の野鳥はセイタカシギです。

今春、同じ東京湾の干潟、谷津干潟で、逆光の下でシルエット状の2羽のセイタカシギを撮りましたが、ここ葛西の鳥類園でもよく似た条件下でセイタカシギ2羽がファインダーに入りました。ただ、バックに対岸の木立の影が入り、水面は白くはなりません。

Seitakashigi3471

Seitakashigi3524

当然なのでしょうが、右、左、と交互に背伸びです。

既に冬羽に換わって、長い脚の色は鮮やかな赤色からピンク色に換わっています。傍らには幼鳥の姿もありました。

Seitakashigi3640

一生懸命に餌を探し回るセイタカシギの幼鳥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月21日 (金)

小鷺鯔を捕食するの巻

今日の野鳥はコサギです。

葛西臨海公園の鳥類園では偶に珍鳥の部類に入るサギ類が観察されます。昨年のカラシラサギ。 また、今も滞在中とかのアカガシラサギです。

9月9日のこの日、鳥類園のご年配の常連さんに「アカアシシギは出ていますか?」と聞いたら、「ここ3日ぐれえは観えねえ!」と、そっけない返事が返ってきました。その後、他の観察ポイントに行くとアカアシシギは居ましたので、あの常連さんはアカガシラサギがお目当てだったのでしょう。

いつもアオサギダイサギでにぎやかな鳥類園にコサギが1羽居ました。 シギチの撮影に忙しい合間に、ふと見ると、コサギボラを捕まえたところでした。

とりあえず連写して飲み込みまで収めました。

Kosagi3269Kosagi3270Kosagi3271Kosagi3272Kosagi3273Kosagi3274Kosagi3275Kosagi3276Kosagi3277 

昔、北海道から来た子(もちろん女の娘)が、「あれ鶴ですか?」と私に聞いた・・・・・。 遠い昔の話です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月20日 (木)

久し振りのアカアシシギ

今日の野鳥は、9月の9日、三番瀬の帰りに寄った東京湾の野鳥スポット葛西臨海公園・鳥類園で撮ったアカアシシギです。

以前、7年前の初夏、道東は野付半島の取っ付きの原生花園の牧柵の下で繁殖しているアカアシシギを撮ったことがありますが、それ以来です。

鳥類園の奥の方で採餌していたアカアシシギがやっと目の前に出て来てくれましたが逆光です。露出補正をしても眼にアイライトは出てくれません。

Akaashishigi3579

既に冬羽に換わったのか、幼鳥なのか、あの野付で見かけた嘴と脚が真っ赤なアカアシシギ成長夏羽とは違いかなり地味な色合いでしたが、紛れも無いアカアシシギです。

Akaashishigi3604

Akaashishigi3614

踵の付近の灰色は泥の汚れ?それとも脱皮中?良く分かりません。

Akaashishigi3627

それでもやはり脚は赤く、7年ぶりのアカアシシギでした。

7年前の道東野付でのアカアシシギ撮影のひとコマ:(瑞鳥庵HOMEPAGE より)

2005年6月
北海道野付半島
トドワラに向かう道の右手の古びた牧柵の近くで営巣しているようでした。原生花園は侵入者から保護されており、初老のご夫妻と一緒に道端に並んでエクステンダーを装着しての撮影です。道東での繁殖が初認されたのは約30年前だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月19日 (水)

三番瀬の秋のシギチ

関東地方は朝から大雨警報が出て幼稚園が休園となったと神奈川の娘から連絡がありましたが、晴れの国、郷里岡山は午後から秋晴れの好天気。大型台風16号の通過の後、やっと朝晩が涼しくなりました。

今日の野鳥は、三番瀬の最後、ミユビシギトウネンです。

実は、今回の三番瀬では、オオメダイチドリがお目当てでした。

9日は小潮で東京湾の満潮時刻は午前11時18分。満潮2時間前には到着したのですが干潟は小さく、大型のシギチは離れた後だったのでしょうか見当たりませんでした。

Miyubishigi3086

夏羽から冬羽に換わりつつあるミユビシギです。 その名の通り、足の後ろ向きの指である後趾(こうし)が無いので見紛うことはなく、また、大きな群れで居るのですぐにミユビシギと分かります。

Miyubishigi3094

満潮で、そろそろ干潟が水没します。飛び立ちの準備に翼を広げました。

Tounen3076

最後まで水際で採餌をしていたのはトウネン?です。 トウネンにしては嘴が少々長い様ですし、ハマシギにしては短い様ですし、やはりトウネンで落ち着きました。 シギチは同定が難しいです。

明日からは、三番瀬の帰りに寄った葛西臨海公園の鳥類園のシギチ他を掲載します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

忘れていたハマシギ

今日の野鳥も10日前の三番瀬で撮ったシギチの一種のハマシギです。

先ずは表題の説明を致しましょう。

「忘れていた」とは、渡来し、また、中には越冬するシギチの中でも最も数の多い部類のこのハマシギを未だ当ブログに掲載していなかったという意味です。

早速、カテゴリーを新設し対応しました。

Hamashigi2978

渚を足早に歩き回り採餌に忙しいハマシギです。 腹部に黒い羽が残るほぼ夏羽の成鳥です。

Hamashigi2947

ミユビシギとのツーショット。

Hamashigi3069

この2種は、混群で大きな群れを作り、春先に大群での飛翔を見せてくれます。

実は、当ブログの兄貴分として瑞鳥庵HOMEPAGEたるものを開設しております。拙いHPではありますが、過去に細々と活動してまいりました野鳥撮影行等もまとめて掲載しています。

その中に、東京湾の干潟、三番瀬での撮影記録も載せていますのでご参考にして下さい。下記は2年半前の春先のハマシギを乗せた一例です。

2010.03.13 三番瀬撮影行: http://homepage2.nifty.com/zuityouan/sanbanse2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月17日 (月)

美味だった?ダイゼン

今日の野鳥はダイゼンです。

先週末の三番瀬には数羽の夏羽のダイゼンが居ました。

Daizen2930

Daizen2970

満潮時に僅かに残った干潟でミユビシギと一緒ですが、白黒ツートーンの派手な身体は目立ちます。

Daizen2999

採餌に忙しいダイゼン

今春、知り合いの野鳥ビデオ撮影家のS氏から真木広造氏のサイン落款入りの「名前がわかる 野鳥大図鑑」をわけて頂きました。 400種の写真と解説が載り、そして、99種の鳴き声が聞けるCD付き素晴らしい図鑑です。(S氏は真木氏と知り合いだそうです。)

その図鑑のダイゼンの項に、「名前は宮中の食事を司る役職「大膳職」の略で、本種が美味でよく食材にされたことに由来する。」と帰されています。

その当時の料理方は、焼き鳥でしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月16日 (日)

冬羽のオバシギ三羽

昨日の続きですが、東名横浜町田から羽田を抜けてベイブリッジを通って湾岸、東関東道を利用して、先ずは三番瀬へ、スムーズだった高速も、羽田の手前で渋滞・・・・・。 事故かな?どうもおかしい。 低速で進んでいくと、道路脇に止まったパトカーの先に豚が! 1Km程の距離に合計3頭。 その内の1頭は既に御昇天のようでしたが、高速パトロール隊のお巡りさんにはご苦労様でした。 朝から笑える豚(トン)だハプニングでした。

という訳で今日の野鳥は豚鴫、ではなく、何の関係も無いオバシギです。

Obashigi2961

渚のミユビシギハマシギの群れの中に一回り大きなシギが居ました。このホシガラスの様な嘴をしたシギオバシギです。

Obashigi2988

合計3羽。その3羽が集まってきました。どの固体も既に冬羽に換わっています。

オバシギの名の由来は何でしょうか? 尾羽鴫と書くのが普通の様ですが、中には姨鴫と併記した図鑑もあります。

特に特徴のない尾羽に何故尾羽鴫と? 姨鴫の由来は? 有識者に聞いてみたい内容です。

下は、満潮で干潟が無くなり、シギ達が三々五々渚を飛び立つシーンの連続写真です。

Obashigi3057 Obashigi3058_2 Obashigi3061 Obashigi3062_2 Obashigi3063 Obashigi3064 Obashigi3065

猛烈な勢力を保った大型台風16号が東シナ海を北上していますが、幸いなことに郷里岡山の田舎は今のところ曇りのち晴れの平穏な天気。午前中に冬野菜の畝作りを完了し、今週後半は種蒔きです。すっかり百姓が板に付いて来ると、この先が思いやられます。長くなりましたのでこの辺で、では。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月15日 (土)

オオソリハシシギの綱渡り

先週の9月10日に再度、郷里岡山の田舎に帰省しました。今度も親父の介護や菜園での秋、冬もの野菜の植え付け、作業小屋の建て方などで滞在は少し長くなりそうです。

と言う訳で、郷里に発つ前日、近所の鳥友達(と言っても、私、瑞鳥庵の住人とは親子ほど年が離れた好青年)のK君と一緒に東京湾の探鳥地を巡りました。

お目当ては秋の渡り途中のシギチ。場所は三番瀬と葛西臨海公園鳥類園です。

K君はここの所、仕事で中国出張とかが多くて、以前のようになかなか一緒に鳥撮りには行けません。久し振りの野鳥撮影行です。

Oosorihashishigi3013

着いた三番瀬はちょうど上げ潮。 渚に夏羽の残る大型のシギオオソリハシシギ2羽が観えました。

三番瀬海浜公園は東日本大震災による被災箇所の修復工事が進められており一部施設の利用制限ががかかっていますが、今春4月に開園されました。しかし、賑わっていたプールは被災のため廃止され、この日も鳥観の客と潮干狩りの客だけで閑散としていました。

少し長くなりました。

今日の野鳥は夏羽の残るオオソリハシシギです。

Oosorihashishigi3008

渚に立止まり長い大きく上に反った嘴で何かを探しています。

Oosorihashishigi3009

見事、イソメを取り出しました。

Oosorihashishigi2911

前にも書きましたが、シギ類の嘴は先端まで筋も神経も通っているようで、偶に先端を下に曲げました。上に反って下に反る。 面白いのですが・・・気の利いた文章が出てこない。

Oosorihashishigi3084

潮が満ちてくると、大型のシギ達は沖合いに張られたネットの支柱の上に退避し干潮を待ちます。このオオソリハシシギ達も退避をしましたが、そのうちの一羽が隣の支柱に移りたいのかネットの上を渡り始めました。飛べば良いものを、わざわざ綱渡りです。

そこで一句。

大反りの 鴫が渡るよ 綱渡り 

駄作!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

奥庭の小鳥達

先月末の28日に富士山五合目の奥庭荘の水場で撮った野鳥を掲載して来ましたが、今日はシリーズ最後として、脇役でもあるカラ類のヒガラコガラ、そして、水場の常連でもあるメボソムシクイの証拠写真を載せます。

先ずはヒガラ(日雀)から、

Higara1978

Higara1980

ご存知、黒いエプロン(一説には蝶ネクタイ)をした全長11cm程の最小のカラ類です。頭には短い冠羽があり愛嬌者です。

Kogara1609

水場に来たコガラです。小雀と書きますが、ヒガラよりも少し大きくて全長は13cm。頭の黒いベレー帽が有名ですが、北米に Chikadee という同類種が居て、その内の一種の英名は Black-capped Chickadee(黒い帽子を被った・・・)でした。

そして次は、

Mebosomushikui1965

夏鳥のメボソムシクイ(目細虫喰)です。「チョチョリチョチョリ」と鳴く声は、「銭取り銭取り」と聴きなされています。今回は長居をしてくれず、この半身の写真一枚だけでした。

今回、奥庭荘の水場に出た野鳥は、全部で9種。昨年まで毎年出が悪い日が多かったのですが今回の富士山五合目奥庭荘の水場は盛況でした。

ところで、先日、@niftyニュースで、女性セブン(2012年9月13日号)の「富士山噴火Xデー」と称した記事のダイジェストを読みました。

-近隣住民を不安に陥れる予兆多数-として、気温上昇と生態系変化、噴火を予兆する雲の多発等が富士山近隣住民の報告として上がっていて、「噴火の際の被害想定として40万人」とか。また、昨日は、「東日本大震災と4日後に静岡県東部で起きたM6,4の地震によって、富士山のマグマだまりに噴火を引き起こしかねないほどの大きな圧力がかかったことが防災科学技術研究所(茨城県つくば市)などのチームの研究で6日、分かった。」との共同通信のニュース。

最近の巨大地震と津波発生時の被害想定による防備体制強化同様に、富士山噴火への備えも必要でしょうか。杞憂に終わらないことは歴史が証明していますね。

予兆が有れば先ず野鳥や動物達が避難するでしょうね。地震と違って避難には少し時間が取れそうですが、軽度で済むことを願っています。

さて、来週から又、比較的安全地帯の郷里岡山の田舎に帰省いたします。偶には西の探鳥地を巡ってみる積りです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

ひょうきん顔のホシガラス

今日の野鳥もホシガラスです。

前に書いた様に、この水場では焦点距離の異なるレンズを使い分けします。小鳥を撮っていてホシガラスが現れると短い玉に替えますが、偶にそのまま長玉で大写しをすることが有ります。面倒くさいだけの話で、カメラボディーが2つあれば起こらない現象です。

Hoshigarasu2199

頬を膨らませてこちらを向いたホシガラス。ひょうきん顔です。

この写真もレンズ交換をせずに長玉で撮った写真です。立ち位置が良かったので画角に納まりましたが、一杯だと図鑑用の写真になってしまいます。

どうせならと、長玉で顔の部分だけのアップを撮ってみたのが下の写真です。

けっこう面白い動作も写せました。

Hoshigarasu2209_2

水を飲むホシガラス。 水玉を呑み込んでいる様に写りました。

Hoshigarasu2216

嘴から零れた水が連続する水滴に写りました。口から水鉄砲を撃っている様です。

Hoshigarasu2265_3

大きく開いた嘴の元にグレーの舌が見えました。

ホシガラスは額に嘴が生えている様で、時としてひょうきん顔に見えてしまいます。

このホシガラスを観ていると、昔、米国滞在中に家族で訪れたカナディアンロッキーで観た同種の野鳥、ナットクラッカーClark's Nutcracker )を想い出してしまいます。トレッキングコースの行く先々に先回りしていて、付いて来ると言うより道案内をしてくれていると言った方が当たっていたひょうきんな野鳥でした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

足環をしたホシガラス

奥庭荘の水場にやって来るホシガラスの中に足環をしたホシガラスが居ました。

Hoshigarasu2577

右脚に金属環を左脚に黄色のプラスチック環をしていました。何の調査かその目的を知りませんが、一説には個体数が減少しているとの噂も有り、繁殖状況の把握が目的なのかもしれません。 理解は出来ますが、残念ながら写真にはなりません。

Hoshigarasu2614_2

枝止まりも、

Hoshigarasu2641

地上での羽ばたきも撮れたのですが、足環が有っては絵になりません。

Hoshigarasu2645

黄色の足環は隠れても右脚の金属環が写ります。後ろにヤマホタルブクロの花まで写し込めたのですが残念です。

Hoshigarasu2668

後日写真の整理をしていて枝止まりの別個体かと思いましたが、黄色のプラスチック環は大きく上下に動くようで、左脚の付け根に羽に隠れているのが見えました。

それなりの調査目的が有るのでしょうから、足環装着の調査自体を云々言っているのでは有りません。 しかし、撮った写真を見ると残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 4日 (火)

水場にやって来たヤマガラ

今日の野鳥は、富士山五合目、奥庭荘の水場にやって来たヤマガラです。

小鳥の出を待っていると、荘の裏手の方で「シー、シー」という聞き慣れた声がします。現れたのは、我が家の庭にも現れるヤマガラです。

Yamagara2491

富士で見るヤマガラはどこか綺麗に見えます。

Yamagara2506

Yamagara2499

ヒガラがやって来て先に水場を独占しています。いつもは気の強いヤマガラも水場が空くのを待っている様子です。

Yamagara2509

やっと水場に降り立ちました。後ろは水浴び中のヒガラです。

それにしてもヤマガラ君、頭でっかちですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

奥庭の常連ルリビタキ

今日の野鳥は、ルリビタキです。

夏の富士山五合目では常連のルリビタキです。冬季は低地の里山や公園にも現れますが、夏は高山帯に移動して子育てをし、この水場には偶に雛連れで現れます。

偶には奥庭荘に降りる坂道に居て、迎えてくれることもあります。

Ruribitaki1573

この日も綺麗な青いオスがやって来て、

Ruribitaki1583

水浴びをして行った後に、

Ruribitaki1893

入れ替わる様にメスがやって来て、

Ruribitaki2425

最後に今年生まれの雛がやって来ました。まだ性別は分かりません。

ヒタキと名が付いていても、ジョウビタキと同様にツグミの仲間だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 2日 (日)

カヤクグリは蚊帳潜り?

今日の野鳥はカヤクグリです。同じく、富士山五合目の奥庭荘の水場で先週撮りました。

既に記載しましたが、この日はことのほか野鳥の出が良く、五合目で観られる殆んどの野鳥が出て来てくれました。

Kayakuguri1901

高山の低木帯に生息するこのカヤクグリもここの常連ではありますが、必ず現れてくれるとは限りません。

Kayakuguri1911

連日の晴天で水浴びが欠かせないのでしょうか。

Kayakuguri1917

水浴び前になんとか数ショットを確保できました。

Kayakuguri1936

水浴び後のずぶ濡れの姿。見られたものではありません。ミノムシの様です。

Kayakuguri1950

何度も水場に降りて水浴びをして行きました。

ところで、カヤクグリは茅潜(萱潜)と書きますが、チガヤカヤの中を潜る様に飛び回る習性という認識が無く、初めは蚊帳(蚊屋)潜と書くのだと思っていました。

そうです、昔、和室に張って寝たあの懐かしい蚊帳です。時には中で、捕って来た蛍を放したりもしたものです。

裾を僅かに上げて出入りしなければ虫(蚊)が入って来て、良く怒られたものです。この経験から、ハイマツ等の低木の間を飛び回るカヤクグリは蚊帳潜と書くものだと想像していたのです。正式には茅潜でした。

蚊と言えば、家の庭の植え込みに沢山居て、なかなか植え込みの中の雑草取りへの気が進みません。昨日は、今日こそはと、蚊取線香、スキンガード、そして、ウナクールまで用意して望みましたが、生憎(お陰様?)の雨で延期致しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 1日 (土)

綺麗なウソ

嘘にも色々有りまして、吐いて良い嘘、吐きゃなかならない嘘、可愛い嘘、そして、綺麗な嘘・・・・・? △■×◎!#”’&%$¥*・・・・・ 暑さの所為でしょうか・・・・・ 以下の記載とは何も関係有りません。

今日の野鳥は、先日富士山奥庭荘の水場で撮った綺麗なウソです。

Uso2149

奥庭荘の水場に現れたウソのオスです。頬から喉にかけてのピンクの羽色は胸のグレイの羽色と輪郭がはっきりしていて素晴らしく綺麗です。

冬季、冬鳥として大陸から渡って来るアカウソとは綺麗さが違います。流石、富士山滞留のウソです。

Uso2135

これはウソのメスです。オスに比べ地味な羽色をしていますがなかなか綺麗です。

Uso2028

水浴びに興じるウソの雌雄ですが、写真はずぶ濡れになる前に写さなくてはなりませんが、ウソの水場への侵入はアッと云う間です。

Uso2525

これはメスのウソですが、水浴びでスグにビショビショになってしまいます。

水に流す嘘、流される嘘。そして、水臭い嘘。 ・・・・・いったい何のこと?  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »