« 吉備中央町のブッポウソウ | トップページ | 戸隠のコルリ »

2012年5月31日 (木)

長良川の鵜飼

今日の野鳥はウミウです。と、いつもの様な書き出しでは今回は納まりません。

実は、帰省していた岡山の田舎からの帰京の途中に、岐阜の長良川河畔に一泊して鵜飼を観ることを同伴の奥方が計画してくれたのです。

鵜飼見物と言えば学生の頃、岐阜市内の薬科大学に入学した高校時代の旧友が、彼の下宿から連れて行ってくれて以来、かれこれ三十云年振り、2度目の経験です。

ブッポウソウの吉備中央町を昼過ぎに発ち、5時には河畔の老舗ホテルに到着。直ぐに始まった鵜匠による説明を聴きに河畔へ。

Ukain1010

今日の鵜飼説明は、宮内庁式部職 鵜匠 杉山市三郎氏です。1300年にも及ぶ鵜飼の歴史から、鵜匠の系譜、衣装とその素材様式の合理性、鵜の気性とその扱いについて、約15分の説明を聴きます。なるほど、と、うなずくことしきり。

我々は7時15分の最後の出船。運良く、今上天皇の乗られた「菊鳳丸」の上座に席を貰う事が出来、出船を待つ間にデジカメ(Nikon Coolpix P510)のテスト開始です。

Moon2012527

暮れなずむ天空に輝きだしたお月さまを撮ってみると、何んと!クレーターが写っている。 船上、手持ち、しかも超望遠ズーム。最近のデジカメの実力や如何に。

Ukain1066

7時半の4発の花火を合図に鵜飼の開始です。

Ukain1098

川上から下って来て最後はデジカメのフラッシュが届く鼻先まで近付いて来てくれます。

Ukain1102

鵜匠は山上の杉山喜規氏

Ukain1105

Ukain1104

この時期の鮎は未だ小さくて駄目でしょうが、鵜はあらゆる川魚を捕獲するそうです。ちなみに鮎だと、大きさにも寄りますが、7~10匹程度は喉に呑み込むことが出来るとか。

Ukain1125

その昔、あの斉藤道三や信長も観たこの長良川の鵜飼。ショーは約1時間で終演ですが、久し振りに観た素晴らしいエンターテイメントでした。

|

« 吉備中央町のブッポウソウ | トップページ | 戸隠のコルリ »

ウミウ」カテゴリの記事

鵜飼」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長良川の鵜飼:

« 吉備中央町のブッポウソウ | トップページ | 戸隠のコルリ »