« 谷津干潟のホウロクシギ ② | トップページ | 霊園のコジュケイ »

2012年4月13日 (金)

都会の霊園に出たマミチャジナイ

今日の野鳥は、先月下旬に都市部の霊園の雑木林で撮ったマミチャジナイです。

マミチャジナイの初撮りは昨年秋の戸隠でした。長時間待って、高木のコブシの枝先に残った赤い実を食べにきたところをかろうじて撮影することが出来た野鳥でしたが、この雑木林では餌付けもされていて、至近距離で撮ることが出来ました。

Mamichajinai9588_2

当日は恐れていたピーカンの天気で、マミチャジナイの出てくる広場は影も無く、案の定、コントラストの強い写真しか撮れませんでした。

Mamichajinai9604

ボケボケですが、餌を求めて枝移りをする瞬間です。

Mamichajinai9428

同じツグミ科のアカハラシロハラと良く似ていますが、目の周りの白線が特徴で、正面からだと白縁のサングラスをかけている様に見えて滑稽です。

以下はコントラストの強い駄目写真です。

Mamichajinai9659

Mamichajinai9662

現地には野鳥写真家の叶内拓也氏も来られていて、久しぶりの挨拶を交わし、先の震災での地磁気変動による渡り鳥のコース変化の可能性について、氏のご経験を交えてお話を伺いました。

気になることは、渡りのルートが地磁気の乱れにより日本列島の東に逸れた場合、太平洋の大海原を長距離にわたり飛翔し、力尽きて落鳥するケースが起こることだそうです。

そうならないことを祈るばかりです。

|

« 谷津干潟のホウロクシギ ② | トップページ | 霊園のコジュケイ »

マミチャジナイ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都会の霊園に出たマミチャジナイ:

« 谷津干潟のホウロクシギ ② | トップページ | 霊園のコジュケイ »