« 桜とメジロ | トップページ | 鷺山の亜種チュウダイサギ »

2012年4月20日 (金)

亜種チュウダイサギのコロニー

今日の野鳥は、郷里岡山の田舎で見付けた鷺のコロニーで撮った亜種チュウダイサギです。

岡山の県西を流れる高梁川流域には、亜種チュウダイサギアオサギ、少し遅れて夏鳥のササゴイのコロニーが見られます。

4月に入り鮎の放流が開始されますが、高梁川流域は魚影も濃く、そのせいか鷺類の数も半端ではありません。

親父が入院している病院への往復が日課となっていますが、その道中で20ヶ程の巣が掛かったコロニーを見付けました。どちらも大型の鷺ですが、亜種チュウダイサギアオサギの共同のコロニーです。

Sagiyama

3:1で亜種チュウダイサギの営巣数の方が多い様です。

営巣中の亜種チュウダイサギのペアの交尾シーンも何度か観察できましたが、枝被りで交尾写真は撮れませんでした。

Tyuudaisagi1288

巣の周りを飛翔する亜種チュウダイサギ。目の下から嘴の元まで鮮やかな緑色の婚姻色をしています。

Tyuudaisagi1368

営巣木の天辺に止まってくれて綺麗な飾り羽を広げてくれたシーンです。

今日は穀雨。今年は、菜園プロの親父の故障で、ピンチヒッターとして見よう見まねで野菜の種を蒔いたり、苗を植えたりしています。頼んでいた苗が届き、穀雨の前に大半の野菜の苗の植え込みを終了させました。

種蒔きは、ニンジン、夏ダイコン、レタス。夏ダイコンは既に芽吹き、レタスは苗床の芽は出ず、誤ってこぼした所に立派な芽が出てきました。昨日と今日は、トマト12本、ピーマン5本、獅子唐3本、唐辛子2本、キュウリ5本、ナス10本、カボチャ3本、スイカ2本の苗を植えましたが、カボチャとスイカを並べて植えた後に、専業農家の知り合いに指摘されスイカはカボチャから離れた場所に植え替えました。お互いに受粉の影響があって味が落ちるそうです。またひとつ勉強です。今から収穫時期が楽しみです。

|

« 桜とメジロ | トップページ | 鷺山の亜種チュウダイサギ »

チュウダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 亜種チュウダイサギのコロニー:

« 桜とメジロ | トップページ | 鷺山の亜種チュウダイサギ »