« 芽吹きの山のルリビタキ | トップページ | 再びコゲラ »

2012年3月21日 (水)

鰍を捕食したダイサギ

今日の野鳥はダイサギです。

今月発刊のBIRDER誌4月号に、亜種ダイサギアオサギ亜種チュウダイサギの嘴の長さについて、叶内氏の記事が載っていました。そこで面白かったのが、亜種ダイサギの名称に、(旧称:亜種オオダイサギ)との記載があったことです。亜種名はどうやって変わるのでしょうかね。

ダイサギの特定は、アオサギよりも大きいこと、夏鳥の亜種チュウダイサギは少し小さいものの越冬個体もいるとのことで、この3種の全てか、この内の他の一種でも揃わないとなかなか難しそうです。個体差も有りますし。

良く行くMFの川に2羽の推定ダイサギが居て、その内の1羽は頻繁に餌の小魚を捕食していました。

Daisagi8745

光る川面に純白のダイサギ。 露出補正に手こずります。

Daisagi8756

Daisagi8788

この時期、この川で狙う魚は石の陰に潜む鰍(カジカ)が多いようです。小一時間観ていましたが、7、8回程捕食した餌は全て鰍でした。それにしてもでっかい嘴です。

Daisagi8833

冬鳥として渡来するダイサギ。その大きさからか威厳も感じられます。

|

« 芽吹きの山のルリビタキ | トップページ | 再びコゲラ »

ダイサギ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鰍を捕食したダイサギ:

« 芽吹きの山のルリビタキ | トップページ | 再びコゲラ »