« コサギの羽繕い | トップページ | バンの成鳥と幼鳥 »

2012年2月25日 (土)

初めて観た泳ぐクイナ

今日の野鳥は、我が秦野市の最東端にある公園の小さな池で撮ったクイナです。

先週の土曜日は、トラツグミの後にコサギを撮って、同行の鳥友達2人を送り届けた後に、まだ陽が残るこの公園の池に寄ってみました。

この池には、カモ類やサギ類の他に、カワウクイナバンが生息しています。狙いは、葦原の水際に偶に顔を覗かせるクイナです。

Kuina7091

居ました。夕陽を浴びて黄色に輝く葦の水際に、バンの成鳥と一緒に並んでいました。早速、駐車場に車を止め、戻ってみると、池の対岸で爆竹を鳴らす不埒な輩が居て、クイナバンのみならず、コガモ達も一斉に飛び立ち居なくなりました。

先に来られていた近所のカワセミ狙いのカメラマンの方と2人で暫く待ちますと、葦の茂みの中から臆病なクイナが再び顔を覗かせてくれました。

Kuina7123

Kuina7147

暫くすると、何んと、池に入って泳ぎ出しました。

Kuina7160

クイナの泳ぐ姿を観るのは初めてです。水掻きの無い、あんな長くて細い足で結構泳ぎは達者なんですね。

カワセミを狙っておられた方と少しお話をさせていただきました。花や野鳥の写真を始められて2年程。お父様の看病で余り遠出は出来ないとか。現在入院リハビリ中の郷里の親父のことを想い出しました。4月からは親父の自宅介護が始まります。父子共々頑張ります。

|

« コサギの羽繕い | トップページ | バンの成鳥と幼鳥 »

クイナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初めて観た泳ぐクイナ:

« コサギの羽繕い | トップページ | バンの成鳥と幼鳥 »