« 鴛に交じるトモエガモ | トップページ | 山陰を飛ぶコハクチョウ »

2012年1月19日 (木)

初撮りのツクシガモ

年明けの山陰撮影行では、オシドリの日野町根雨に続き、水鳥の飛来で有名な米子水鳥公園に足を延ばしました。目指す野鳥は、初撮りとなるツクシガモです。

山陰は年末から寒波の到来で、昼過ぎに到着した米子水鳥公園も小雨交じりのどんよりとした天気でした。

お邪魔した観察センターの窓越しに見る水面はオナガガモハシビロガモ等で、お目当てのツクシガモの姿は観えません。先月上旬頃まで居たというクロツラヘラサギは既に抜けているとは知っていましたが、ツクシガモまでも・・・・・? 嫌な予感です。

観察舎に居られたレンジャーの方にお聞きすると、嘴の上に瘤が出て来ているツクシガモがつい先ほどまで西側の葦原のワンドで採餌していたとのこと。ご親切にフィールドスコープに入れて下さるけれども葦原の陰に隠れてしまいました。少し待っていれば外の桟橋から撮影可能と教えていただき挑戦致しました。

Tsukushigamo0448

Tsukushigamo0497

仲良く並んで泳ぎ廻る2羽のツクシガモの雄。繁殖期を前に小さいながらも嘴の元に瘤が出て来ています。

今季、関東でもツクシガモの群れが観察されているそうですが、派手な美しい配色のツクシガモは以前から撮りたい野鳥の一種で、帰省中に達成出来ました。

下は、採餌のシーンです。干潟の地表で藻等を採餌する姿を想像しており、他の淡水ガモと同様に水に首を突っ込み逆さになって採餌するシーンは想像出来ませんでした。

Tsukushigamo0409

Tsukushigamo0411

Tsukushigamo0412

|

« 鴛に交じるトモエガモ | トップページ | 山陰を飛ぶコハクチョウ »

ツクシガモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 初撮りのツクシガモ:

« 鴛に交じるトモエガモ | トップページ | 山陰を飛ぶコハクチョウ »