« 立派な獲物を拾ったトビ | トップページ | 町の公園の星羽白 »

2011年12月10日 (土)

忘年会の日のカワセミ

今日は夕刻から野鳥撮影愛好家の会「鳥観ING」の忘年会です。

会の主宰兼事務局として忘年野鳥撮影行を企画しましたが、会のメンバー皆、年末の休日とあって家事に忙しくお流れになってしまいました。

当の瑞鳥庵の住人も連合いに促され、埃だらけの庵の掃除に着手しましたが物が多くて捗りません。こうやってBLOGを書いている今も、「未だ終わっていないじゃない!」と怒られる始末。明日中には終わらせます。

BLOGに穴を開けまいと撮って来たのが近所のカワセミ

Kawasemi4046

幼鳥ですが大分錆が抜けて来ました。

そして、狩りも大分上手くなりました。下はカワセミ♂が捕獲した小魚を食べる連続写真です。

Kawasemi4059Kawasemi4061Kawasemi4062Kawasemi4063Kawasemi4065Kawasemi4068

そして最後はカワセミの脱糞のシーンです。硬い骨はペリット(消化していない小骨等の丸い塊り)として口から吐き出し、消化した餌は尿酸糞(白い液状の糞のこと)として排便します。

Kawasemi4117

以前、鳥の尿酸糞を研究しておられる方が居て、脱糞の写真を公募されていました。偶々その記事を見て手持ちのヤマセミの脱糞シーンの写真を提供したことがありましたが、研究成果は聞いておりません。

これから忘年会に行って来ます、飲み過ぎてペリットを吐かない様に注意します。では。

|

« 立派な獲物を拾ったトビ | トップページ | 町の公園の星羽白 »

カワセミ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忘年会の日のカワセミ:

« 立派な獲物を拾ったトビ | トップページ | 町の公園の星羽白 »