« 江の島のカンムリカイツブリ | トップページ | タゲリの舞 »

2011年11月14日 (月)

玉虫色の羽のタゲリ

今日の野鳥は、冬鳥として湘南の地に今年もやって来てくれたタゲリです。

日曜日の江の島の帰りに寄った畑には、24,5羽のタゲリの群れが降り立ち数名のカメラマンが飛立ちを待っていました。

タゲリが飛び立った後に休憩に入った近くのコンビニの裏の田圃に再びタゲリの群れが降り立ってくれ、今度は一人で「達磨さんが転んだ」式に徐々に近寄らせて貰い、晩秋の日の光に映える玉虫色の羽をまとった姿を存分に撮らせて貰いました。

金属光沢の羽は光線の具合で玉虫の羽根の様に輝きを変えます。欲張って6枚ものノントリ状態の写真を掲載致します。

Tageri3448

群れの中で一番冠羽が長い個体で、冠羽が長いことと背の羽覆羽の先端にバフ色が無いことから成鳥でしょう。下の写真の個体は皆、雨覆羽の先端がバフ色で縁取りされていることから幼鳥と思われます。

Tageri3413

Tageri3428

Tageri3444

Tageri3467

Tageri3474

それにしても綺麗な羽色ですね。

|

« 江の島のカンムリカイツブリ | トップページ | タゲリの舞 »

タゲリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉虫色の羽のタゲリ:

« 江の島のカンムリカイツブリ | トップページ | タゲリの舞 »