« セグロカモメ幼鳥の受難 | トップページ | すすき野のホオジロ »

2011年11月19日 (土)

今季初撮りのジョウビタキ

今日の週末の休日は生憎の雨。最近の在庫からジョウビタキの掲載です。

10月も半ばを過ぎると、庭の植え込みや公園の木立で、あの「ヒィッ、ヒィッ、カタ、カタ・・・」というジョウビタキの声を耳にして、冬の季節の到来を感じます。

尾を振る姿ですぐに居場所が分かりますが、今年のジョウビタキはオスかな?メスかな?はたまた、若かな?と最初は凝視してしまいます。そして、綺麗なオスの成鳥だったら何か儲けた様な気になります。これから春先までうれしく長いお付き合いとなるからです。

瑞鳥庵の庭には、残念ながら、今年は既にメスのジョウビタキがやって来て縄張りを張っています。下の写真は、春先にカワガラスを撮りに行くMFで撮った今季初撮りのジョウビタキ♂です。

Jyoubitaki3710

Jyoubitaki3718

枝がうるさいのですが、バックの紅(黄)葉が写真全体の色味を出す様にアングルを変えました。

Jyoubitaki3701

余り警戒心が無い様で、近くに寄って来て大写しになってしまいました。下は、不安定なネットに止まり、羽を広げてバランスを取っているところです。

Jyoubitaki3733

ここのジョウビタキは春先まで私のお相手をしてくれそうです。

|

« セグロカモメ幼鳥の受難 | トップページ | すすき野のホオジロ »

ジョウビタキ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今季初撮りのジョウビタキ:

« セグロカモメ幼鳥の受難 | トップページ | すすき野のホオジロ »