« 群飛するアジサシ | トップページ | 愛らしいソリハシシギ »

2011年9月 5日 (月)

羽白黒腹鯵刺

今日の野鳥は、いつもの休耕田で昨日撮った初撮りのハジロクロハラアジサシです。

台風12号の影響で、湘南地方も連日の大雨。日曜日も断続的な降雨の予報でしたが、雨上がりの間をぬって午後から休耕田を見て回ることにしました。運が良ければ、台風によって珍しいシギチが入っているかも知れないという期待感がありました。

2週間前にセイタカシギが入った休耕田に着くと、雨模様だというのに既に大勢のカメラマンが休耕田を囲み、大砲の列が出来ていました。知り合いの方に聞くと、「なにか舌を噛みそうな名前のアジサシが、5日程前から入っている」とのこと。

待つこと30分。2羽のアジサシが上空を舞い、その内の1羽が水面に着水しました。

Hajirokuroharaajisashi6525

初めて観るハジロクロハラアジサシです。腹黒では無く、頭も胸も白い冬羽に換羽した姿です。

Hajirokuroharaajisashi6501

もう1羽は周辺を飛び回り、時折り稲田に降りて来て、何やら採餌していました。飛び回る姿をカメラで追いましたが、なかなか良い写真は撮れませんでした。

30分から1時間周期で休耕田に帰って来るそうでしたが、雨が来そうなのでやむなく引き揚げました。

クロハラアジサシ類には3種類のアジサシが居て、ハジロクロハラアジサシはその1種で、東日本では珍しいと聞きました。また、食性は昆虫類が主で、小魚も食べるとか。ここの休耕田では、稲穂の先に止まるバッタや水面のトンボを捕まえて食べたとか。

やはり、渡りのルートをも撹乱する台風の後は何かしら変ったことが起きます。

この度の台風12号で被災された方々には謹んでお見舞い申し上げます。

|

« 群飛するアジサシ | トップページ | 愛らしいソリハシシギ »

ハジロクロハラアジサシ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 羽白黒腹鯵刺:

« 群飛するアジサシ | トップページ | 愛らしいソリハシシギ »