« 前庭のオナガ | トップページ | 緑葉梟巣立雛三羽 »

2011年7月18日 (月)

オナガの巣立ち雛

勤め先の前庭は、オナガの巣立ち雛の採餌の訓練の場所の様です。

通常オナガの産卵数は6~9卵だそうですが、親鳥が前庭に連れて来た巣立ち雛は3羽でした。雛は親鳥と見間違えるほど大きくなっていますが、頭の黒いキャップはゴマ塩模様で、嘴には肌色が残ります。

既に自分で芝生や木の幹にいる甲虫を捕食していましたが、まだまだ両翼を震わせて親鳥におねだりする光景も観られます。

Onaga0286

Onaga0314

Onaga0393

高い電信柱も群れの一時退避の場所で、ここから直線的に飛翔して庭の低木に降りて来ます。飛翔の練習の様に思えました。

Onaga0421

庭の日陰で採餌している最中、親鳥の行動に注視する巣立ち雛達

Onaga0425

楠の幹に張りついた苔の中から餌を取り出す巣立ち雛

この3連休も猛暑続き、うだるような日中を避けて朝夕近くのフィールドを廻ってみますが、野鳥撮影にはなりません。しかし、梅雨も明け、まもなくシギチの秋の渡りのシーズンが始まります。昨日、湘南の地に残された休耕田を廻ってみましたところ、40羽程の群れとなったコチドリの集団が降り立っていました。

|

« 前庭のオナガ | トップページ | 緑葉梟巣立雛三羽 »

オナガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オナガの巣立ち雛:

« 前庭のオナガ | トップページ | 緑葉梟巣立雛三羽 »